小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

独学で小学校受験するのは難しい?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/29

塾に行かずに独学で小学校受験目指し合格することは可能なのだろうか?と思っている方も多いのではないでしょうか。小学校受験をするとなると高額な塾代がかかってしまうのが悩みとなります。

今回は、塾に通わずに小学校受験で合格できるのかについて詳しくご紹介していきます。

塾に行かなくても独学でも対策は可能

神奈川・東京には、レベルの高い小学校がたくさんあります。毎年、説明会が開催されており、神奈川・東京に在住の方のみならず遠方から足を運ぶ方も少なくありません。レベルの高い小学校となるとその分、倍率も高く試験も難しくなるため、独学で受験対策をおこなうことは困難になってしまうこともあるでしょう。

しかしながら親子ともに切磋琢磨しモチベーションを維持していくことで、わざわざ塾に通わなくても合格することも夢ではありません。最も大切なのは、それぞれの小学校の試験問題を分析し理解することです。事前にしっかりと過去問をリサーチし問題を解きこなすことで合格までの距離をグッと縮めることができるでしょう。

塾に行くことで効率よく受験対策ができるといったメリットがある一方で、独学で受験に立ち向かうことは親子で同じ目標を持ちモチベーションを維持し続けるきっかけにもなります。独学の場合、何よりも親御さんの協力が不可欠です。市販の問題集で対策することも十分に可能ですが、子供が毎日継続して問題を解き続けられるように親御さんがそばでサポートすることが欠かせません。

試験対策をしっかりおこなうことが大切

塾に行かずに独学で受験対策をしていくのであれば、まずは過去問をチェックすることから始めてみましょう。ただ闇雲に市販の問題集を解き続けても合格を勝ち取ることはできません。志望校の試験の傾向を知るために、ただ問題集を繰り返すのではなく、これまでの過去の試験をリサーチすることが重要です。

現在、書店で過去問を手に入れることができるだけでなく、それぞれの学校のホームページなどをチェックしてみると過去問が掲載されているので傾向を確かめることができます。

過去問を入手した後は、まずはどのような問題が出題されているのかを確認するだけでなく、実際に解いてみましょう。今現在、子供がどれくらいの点数を取ることができるのかを把握し、点数を上げていく対策を練ることが大切です。

日常生活からマナーを身につけよう

小学校受験では、ペーパー試験だけでなく行動観察などの試験もあります。例えば、集団の中で明るく優しい態度で振舞うことができるのかといったものや素直に遊び挨拶ができるかといった点も試験官に見極められています。

明るく礼儀正しいのはもちろん、協調性があることも合格する鍵です。どんなにペーパー試験で良い点数を取っていたとしても周囲に思いやりの気持ちが持てなかったり協調性がなければ合格することは困難です。

また、行動観察だけでなく面接も受験にはつきものですが、日常生活で大切なマナーを自然と身につけておけばどんなときでも自信を持って受験に向き合うことができます。友達との遊びや食事などでマナーを身につけられるよう親御さんの日頃の声かけにも注意してみましょう。

さらに面接で緊張や不安を抑えるためにも事前に質問や回答を準備しておくと受験当日に困ってしまうことはありません。一見、塾に行かずに独学で対策していくことは難しいのではないかと思われがちですが、過去問をリサーチしたり普段の生活の中で無理なく子供の良さを伸ばせるのでチャレンジしやすいでしょう。

 

小学校受験は、必ずしも塾に行き対策しなければいけないものではありません。確かに独学で受験対策をすることは時間がかかり大変なこともあります。また、親御さんが編み出した受験対策で本当に合格の切符を手に入れることができるのだろうかと不安になってしまうかもしれません。

しかし、受験に大切なことは親子ともにどれだけ努力できるかです。親御さんが子供にしっかりと向き合いモチベーションを高めていくことで、子供も笑顔を絶やすことなく受験に立ち向かうことができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧