小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に合格する写真の撮り方はある?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/29

インターネットを使用する情報収集などは、住んでいる地域に影響されることもなく情報が集められ、とても便利です。

また、受験の際に受験票など貼りつける写真の撮り方や、合格しやすい画面の作り方なども、ネットがあればかなり的確に情報を得ることができる時代になっています。

ネットの普及で条件の差が少なくなっている事例が多い

現在はインターネットが普及しているため、例えば神奈川・東京などの都心部で人口が多い地域で受験する場合も、人口密度の少ない場所で受験に挑戦する場合もさほど条件の優劣はなくなってきています。

また、小学受験の際に受験票などに貼る証明画像を作成する場合は、各学校の特色に合わせた画像の撮影法を取り入れたほうが合格しやすい、という傾向は多少あるかもしれません。けれどもあまりにも傾向対策を気にしすぎ神経質にふるまうよりも、健全な体や心を作っていれば気にしすぎる必要もないかもしれません。

装飾を省いてわかりやすく表現することが大切

また、写真を撮影する際は、大人の証明写真と同じ感覚で、あまりに奇抜な表情を作りすぎず、自然な表情で撮影するほうが良い場合も多いです。歯を見せて笑っている写真は、受験票よりも、家族で作るアルバムなどに向いていますから、ときと場合に合わせて柔軟に対応すると良いです。

そして、できるだけ健康状態の良いときに写真を撮影するほうが、良い可能性もあります。内面は意外と表情に現れますから、日ごろから健康管理を徹底しておこなっておけば、問題ない場合が多いですが、できれば体調の悪い日は避けたほうが賢明です。

日ごろから健康管理を怠らないようにすることが大切

また、受験のときの証明写真も、子供を撮影することが得意なカメラマンさんに依頼すると、素敵な画像が撮れることも多いです。ネットでも腕のいいカメラマンは検索して見つけ出すことは可能ですから、調べてみても良いかもしれません。

さらに、子供は特に場のイメージや環境に適合しやすく、感受性が強い場合も多いですので、スタジオ自体が良い環境の場所だと、さらに表情も良くなり素晴らしい画像が撮影できる場合も多いです。受験の写真はさほど装飾を付けない場合も多く、シンプルな表現になる場合が多いですが、シンプルだからこそ、カメラマンの腕が大切になってくる事例もありますから、しっかりと選ぶことが大切です。

使用するライトや角度などにより、人の顔は驚くほど変わってきますから、腕の良いカメラマンや写真スタジオを見つけ出し、親が創意工夫することは、とても良いことです。また受験の画像の場合は、陰影はあまりオーバーに、ドラマチックに表現する必要がなく、あくまで「顔が確認しやすい」というコンセプトで作成する傾向が高いです。

あまりにアーチスト的になり、顔がわからなくなると本末転倒ですから、程よいライトやカラーを選択できると最高です。光や色合いなどは、長年の経験を持つカメラマンだと、しっかりとタイプ別に取り分けてくれる場合も多く便利です。

 

受験用の写真は、あまり装飾をつけすぎないほうが賢明かもしれません。受験の際に必要なことは、顔がよくわかり、確認しやすいことですから、あまり強い光や影などでアレンジし過ぎるよりも、ある程度自然な光でわかりやすく表現したほうが合格しやすい、という事例はあります。が、基本的にはあまり神経質になる必要はないかもしれません。

日常生活での健康管理や学力向上に力を入れていると、合格率もとても上がりますが、写真も傾向と対策も調べておくと何かと有利です。やはりちょっとした心がけは、面倒がらずに身に着けておくと何かと便利なことが多いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧