小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験で夫婦喧嘩をしないために心がけたいこと

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

神奈川・東京といった地域では、小学校受験をするご家庭も多いのではないでしょうか。理想的な環境で教育を受けることは、子どもの将来の可能性を広げることにもつながります。小学校受験には、親子二人三脚で取り組む必要があります。しかし、夫婦の意見が合わずに衝突することも多く、夫婦喧嘩に発展してしまうケースも多いようです。

情報を共有化して家族全員で取り組む

小学校受験を巡って夫婦喧嘩になる原因は、やはり夫婦の温度差でしょう。男性の場合には仕事が忙しく、子育てにはあまり関わってこなかったという場合も多くあります。その結果、夫が協力的ではないと、妻が不満を募らせるケースが多いのです。

また、神奈川・東京などでは小学校受験は当たり前になりつつありますが、地方ではまだそれほど一般的とはいえません。そのため、地方から神奈川・東京にやってきた人だったりすると、小学校受験といわれてもあまりピンとこない場合もあります。そういった夫婦の温度差を埋めるには、夫婦でしっかりと話し合いをすることです。

事前にリサーチした情報は夫婦で共有したり、実際に小学校受験を経験した人から話を聞く機会を設けたりするようにしましょう。男性は理論的な情報やデータがあれば意外とすんなり納得してくれることも多いものです。小学校受験に関する本なども参考にするとよいかもしれません。

お金のことをきちんと話し合っておく

夫婦喧嘩の種になりやすいのは、やはりお金のことです。小学校受験をする際は、幼児教室などの塾に通う人がほとんどになります。受験が近づくと模試などが行われることもあり、その都度費用が発生したりします。ドリルなどの教材を購入したりすることもあります。

また、受験のための洋服を一式揃えたりもしなければいけないので、何かと出費が多くなります。収入に十分な余裕があれば何の問題もないかもしれませんが、生活が苦しくなるような状態だと問題です。どれだけお金をかけるのか、夫婦で意見が合わないことも多くあります。情報収集のためにママ友と頻繁にランチをするなど、交際費が意外とかかってしまうこともあるものです。

夫婦喧嘩を避けるためには、あらかじめ小学校受験にかける金額を話し合っておく必要があります。丼勘定だと、後から支出が膨らんでびっくりしてしまうことも多いです。余裕を持って、経済面をシミュレーションしておくようにしましょう。

役割分担を明確にしておくのがおすすめ

小学校受験は、主に母親がメインとなって取り組む家庭が多いと思います。これは普段から母親が子育てを担っていることが多いからで、時間にも余裕がないとなかなかできないことだからです。そういった場合には、父親はサポート役に回ることが多くなります。

もちろん、父親の方が教育熱心で積極的に取り組んでいるという家庭もあるでしょう。喧嘩が起きやすいのはどちらかが無関心な時ですが、意外とどちらも熱心な家庭でも喧嘩が起きることがあります。勉強の仕方や志望校の選定など、お互いの意見が衝突してしまうからです。船に船頭が2人もいたのでは、上手く進むことができません。小学校受験をする際には、片方がサポート役に回る方がよいのです。

事前にお互いの役割を話し合っておくようにしましょう。それから自分がメインとなって舵取りを行う場合でも、相手の意見には必ず耳を傾ける姿勢が必要になります。我が子のためを思っていることは間違いないのですから、協力して小学校受験に取り組むようにしましょう。

 

神奈川・東京では小学校受験をするご家庭が多くなっています。しかし夫婦の意見が合わずに喧嘩に発展することも多いので、情報を共有化して家族全員で取り組む環境を整える必要があります。喧嘩の理由として多いのがお金のことなので、事前に小学校受験にいくらかけるのかなど、経済的なことを話し合っておくことが大切です。役割分担も明確にしておくようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧