小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

私立小学校を見学する際の注意点とは?

公開日:2019/06/15  

昨今は一昔前以上に教育に力を入れる親御さんが増えてきているようです。そこで小学校受験を検討しているならばどうすれば良いでしょうか。

まず始めに小学校受験をするならば、学校の見学は欠かせません。実際に学校の雰囲気を見たり、説明を受けたりして、そこでしか得られない情報を集める必要があります。

 

時間ギリギリで行くようなことはないように

まず始めに、見学会当日は時間に余裕を持って行動することが大切です。開始ギリギリでバタバタした状態での参加では、落ち着いて説明を聞くこともできませんし、遅れていくようなことは失礼になりますので、避けたほうが良いでしょう。

また、学校に着いたときには通常パンフレット等の説明するための資料一式が渡されます。説明が始まる前にはこうしたものに、一度しっかりと目を通しておくことが大切です。そうすれば説明の内容が頭に入りやすくなりますので、より理解度が高まります。

このように時間に余裕を持って行動しておけば、ゆったりと落ち着いて見学会に参加できますので、かなり有利になります。いつもは時間ギリギリで行動している人も、子供のことを考えて余裕を持ったスケジュールで行動するように心がけましょう。

 

学校の力を入れている科目は何か確認しておく

それぞれの学校には必ず力を入れている科目があります。特に最近では、英語教育やプログラミング、科学技術分野等の将来役に立ちそうな分野に力を入れている学校が増えてきています。

自分の子供が将来どのような人になって欲しいのかよく考えながら、そしてその分野をどのぐらい学ぶことができるのかを考えながら学校選びをするようにしたほうが良いでしょう。見学会ではこうした力を入れている分野に関する説明を入れてくることが多いです。

しっかりとその部分についてメモを取るなりしておいて、後で忘れることがないように心がけましょう。また、これは学校側が生徒に望んでいることでもあります。例えば理数系に力を入れているならば、理数系に強い子供が欲しいということになります。

ですので、受験の際はそうしたところを上手くアピールできれば有利に戦うことができるかもしれません。

 

マナー良く接することが大切

見学会はこちらが学校を見学して、どのような学校なのかを見る機会であります。ですが同時にこれは、相手の学校側がこちらを確認する場所でもあるということです。きちんとした適切なマナーや態度で挑む必要があります。

例えば着ていく服はスーツ等の外に出ても恥ずかしくない格好で行きましょう。私服や作業着といった格好は場所にふさわしくないかもしれませんので、可能な限り避ける必要があります。こちらは客ではありますが、高圧的な態度で学校側の人と接するのは止めましょう。

そうした行動をとれば、後で問題行動を起こす可能性がある親御さんと思われてしまい、受験の際にはすごく不利になってしまいます。相手に無礼のないように接するよう心がけましょう。

 

小学校受験をするならば、その学校についてより深く理解するために学校見学は欠かせません。ですが、ここでは何でも自由に見学すれば良いという話ではないです。まず時間には余裕を持って行動しましょう。

また、学校ごとの力を入れている項目、ポイントを整理しましょう。受験をする際の参考にもなります。そして最後にマナー良く学校側の関係者と接するようにしましょう。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧