小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験用の塾と幼児教室違い

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/18


大切な我が子だからこそ、教育については大きな悩みでしょう。スイミングに英語教室やピアノ、子どもが成長するにつれ何か習わせてあげたいと思う親御さんは多いです。子どもの持つ可能性は無限大です。この子にはなにが向いているのかな、将来は何をしているのかと考える今こそ、じっくり教育と将来を考える時期ではないでしょうか。

才能を伸ばしてあげるなら小学校受験

東京・神奈川は他の地域より小学校受験が盛んです。他県比べ有名な学校が多くあることもその要因ですが、親の教育に対する意識の高さがあります。できるだけ持っている才能を伸ばしてあげたい、よい環境で教育を受けさせてあげたいと考えたことのある人であれば、一度は小学校受験を考えたのではないでしょうか。

小さいうちから勉強漬けにしてかわいそうなどというのは昔のはなし、今は「教育こそ子どもに残せる財産」という考えが広がっています。その証拠に、小学校受験に必要なことは、学力だけではありません。

学ぶ前段階として「自分で考える力」「自ら学ぼうとする意欲」が必要となります。これは、受験にだけでなく、生涯生きていくうえでも必要な力となります。その力を無理なくつけられる場所が、小学校受験の塾なのです。

早い段階から学ぶことの喜びを知れた子どもたちは、もっと学びたいという知識欲がつくでしょう。その意欲こそ、将来的に自分の才能をグンと伸ばす力となっていくのです。

幼児教室か受験用の塾か迷ったときは

まず、幼児教室と受験用の塾の大きな違いとしてあげられることは「最終目標は何か」という部分だと思います。もちろん受験には「合格」という目標があります。その目標に向かって、それこそ家族一丸となり応援し励まし受験日を迎えます。受験のときには家族の絆も深まっていることでしょう。

よい結果が出るよう、講師たちの指導は一人一人に合うよう実にきめの細かいものです。東京・神奈川には多くの塾があります。志望校を決めることも大切ですが、どこの塾で学ぶかも大きなポイントになってくるはずです。一方、幼児教室にゴールはありません。

ここまでできるようになればもうやめてもいいかな、子どもも楽しそうだからもう少し続けてみようかな、結局どこまで学び続けるかは親次第なのです。目標に向かって突き進む体験をできるかできないかが違いになってきます。しかし進むことは決して楽ではありません。楽ではないからこそ、身につく力が必ずあるのです。

東京・神奈川地域の小学校受験事情

東京・神奈川地域は交通のアクセスがよいため、たとえ小学生であったとしても、有名小学校や国立小学校を目指し遠くから通う子がいます。そのため受験も盛んで、東京・神奈川には多くの塾があります。塾によってシステムも違いますし、まずは資料請求や口コミを見てみるのもよいかもしれません。

もう目標とする志望校が決まっているなら、そこの学校に多くの合格者を出している塾を先に見てみるのも近道です。塾の中にはその学校に特化したカリキュラムを持つところもあります。受験には情報収集も大切なスキルです。もちろん、小さな子どもに情報収集はできないので、ここは親の出番です。

子どもたちがしっかり学べる環境を整えてあげられるように塾選びは慎重にしましょう。早くから始めることで合格率も高くなります。レベルの高い学校に合格している子どもたちは、早い時期から努力しています。切磋琢磨する環境を早く整えてあげることが合格への一歩になります。

 

小学校受験を経験し、合格をした子たちは皆しっかりしたできのよい子の顔をしています。しかし、この子たちも最初からそうだったわけではありません。もとからできがよいのではなく、目標に向かって頑張ったからです。受験を通して成長する体験を我が子にもいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧