小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

子どもが勉強をしない理由とは?具体的な対策を考えよう!

公開日:2022/12/15  


お子さんの将来を考え、小学校受験を検討している家庭もあるでしょう。ただ、親の考えとは異なり、お子さんが受験に向けて勉強する意欲がなかったり、勉強したとしても集中力が続かなかったりして悩む保護者の方も少なくありません。そこで本記事では、子どもが勉強しない理由や、勉強させるための工夫を解説します。

子どもが勉強しない場合に考えられる原因

子どもによりよい環境で成長して欲しいという考えから、小学校受験を検討している家庭もあるでしょう。しかし、親の考えとは裏腹に、お子さんに学習意欲がなかったり、集中力が続かなかったりするケースも少なくありません。ただ、意欲がないのは、単に勉強が嫌いというのが理由ではないケースがあります。

たとえば、そもそもやり方をわかっていないことが考えられます。やり方がわからないため、集中できずに気が散って遊びたくなることケースがあるのです。

さらに、学校の授業がむずかしくてついていけない状態になっている場合は、勉強に対して苦手意識を持っている可能性があります。わからないことを放置したままどんどん授業が進むので、理解する意欲も薄れてしまいます。

そのほか、なぜ勉強しなければならないのかと疑問を感じていたり、強制されて嫌な気持ちになっていたり、習慣がなかったりすることも原因として考えられます。子どもが勉強しないのは、単純に勉強が嫌いなだけでなく、さまざまな理由や要因が関係している可能性があるのです。そのため、親が一方的に「勉強しなさい」と言い続けても、原因が解決しなければ、自主的に勉強する子どもにはならないといえるでしょう。

勉強しない子どもに勉強をさせるためには?

勉強する気がない、集中できない子どもに対して「勉強しなさい」と言い続けても効果はありません。そのため、ただ言い続けるのではなく、自発的に机に向かうようにするための工夫をすることが重要です。たとえば、勉強する意味を教えてあげることで、意欲が増すこともあります。子どもは大人のように先のことをイメージできないことがあり、勉強を頑張れば希望の大学に行けたり、将来の選択肢が増えたりすることを理解していないケースがあるのです。

そこで、人生の先輩として、勉強をすればどのような可能性が広がるのかを説明してあげると、勉強の大切さに気付けるでしょう。また、ついついスマホやゲームに夢中になってしまう子どもには、時間やルールを決めたり、親が積極的に勉強に参加して、一緒にサポートしてあげたりするのが効果的です。

そのほか、勉強する時間を決めて習慣化したり、一日10分など勉強へのハードルを下げたりする工夫もあります。そして、できたことに注目し、少しでもできることが増えれば積極的に褒めてあげましょう。成功体験を何度も経験すると、勉強への苦手意識が薄れて、勉強が楽しいと認識できるようになります。

このように、子どもがどのような理由で勉強をしないのかを追求し、原因に対してさまざまな工夫をすることが大切です。工夫しないで「勉強しなさい」と言い続けると、さらに勉強が苦手になったり、嫌いになったりする可能性があるので注意が必要です。

まとめ

勉強する習慣がなかったり、勉強に集中できなかったりして、お子さんの将来に不安を感じている保護者の方もいるでしょう。ただ、子どもが学習意欲を持たないのは、単に勉強が嫌いというのが理由ではないこともあります。そのため、何が原因で勉強をしないのかを考え、その原因を改善するよう工夫しましょう。たとえば、1日10分だけ勉強するというようにハードルを下げてみたり、親も一緒に勉強に参加したりする方法があります。さまざまな工夫をして、自発的に勉強ができるようになれば、将来の可能性が広がります。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事