小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験時に学校側が親の職業・学歴を記入させる意図とは?

公開日:2023/01/15  


小学校受験の際には学校側から親の学歴や職業を確認されることが珍しくありませんが、学歴や職業を確認することにはどんな意図があるのかご存知でしょうか?本記事では、小学校受験で学校側が親の職業や学歴を確認することの意図について詳しく紹介します。学歴が合否に関係するのかについても解説しているのでぜひ参考にしてください。

親の職業・学歴は小学校受験の合否に関係する?

一部では親の職業や学歴が子どもの小学校受験の合否に関係するという噂がありますが、親の学歴や職業が合否に関係してくるという話はあくまでも噂であり、実際のところは一切関係しないといわれています。これまでに高学歴ではない方のお子さんが有名な名門小学校に合格したという話は少なくないため、自分が高学歴でないという方も自分の学歴や職業を理由に挑戦する前から受験を諦めることはしないでください。

子どもの学費を支払っていけるのであれば、職業や学歴は本当に何も関係なく、年齢や名前と同程度の情報だと考えてしまって問題ありません。しかし中にはいくら関係ないといわれても、子どもの受験の際にまったく関係のない親の学歴や職業が聞かれるのか疑問を感じている方もいるかと思います。そこで学歴や職業を聞かれることの意図についても次の章でまとめたので、気になる方はぜひそちらもあわせてご確認ください。

小学校受験時に学校側が親の職業・学歴を記入させる意図

親の学歴や職業が子どもの受験の合否に関係してくることはありませんが、小学校受験の際に学校側から親の職業や学歴を確認されることの意図としては、親の教育能力や教育方針を確認するためと、学費の支払い能力があるかを確認するためという2つが考えられます。下記からは、それぞれについて詳しく解説します。

親の教育能力や教育方針を確認するため

世間では一般的に小学校受験の際に学校側から学歴や職業を確認されることの意図は、親の教育能力や教育方針を確認するためといわれています。子どもの教育は学校と親の両方で力を合わせて進めていく必要があり、学校でしっかりと指導を行っていたとしても自宅での教育が学校の方針と違っていたり、そもそも自宅でのしつけがなかったりすると子どもが発達に影響を及ぼす可能性が高いです。

そのため学校側は、自宅でもきちんとしつけをしている家庭なのか、学校と家庭での教育方針に差はないかを確認するための材料の1つとして親の学歴・職業を確認していると考えられます。仮に親が2人とも高学歴であっても、学校との教育方針に違いがあれば落とされる可能性があるので注意しましょう。

学費を支払っていけるか確認するため

受験の際に親の職業・学歴を確認される理由としては、学費を支払っていく能力があるかを確認するためである可能性も考えられます。小学校は6年間という長い期間通う必要のある場所のため、学費の支払い能力に不安が残る方は学校側としても面接の段階で落としたいと考えている可能性があります。

しかし親の学歴や職業で子どもの合否が変わったという事例はこれまでにないため、高学歴でないという方や有名企業勤め出ないという方もそれを理由に受験を断念する必要は一切ありません。子どもが小学校の受験をしたがっている場合は、自分の学歴にとらわれず挑戦してみましょう。

まとめ

本記事では、小学校受験の際に学校側が親の職業や学歴を確認することの意図について紹介しました。いかがだったでしょうか?小学校受験では、親の学歴や職業が子どもの合否に関係してくることはありません。高学歴でないと名門校には受からないという噂がありますが、それはあくまで都市伝説なので信じてしまわないように注意してください。人に自慢できるような高学歴でなくても、子どもがしっかりと勉強していれば名門校に入学することもできるため、小学校受験を考えている方は自分の学歴を理由に諦めてしまわないでください。本記事が小学校受験で自分の学歴や職業に悩みを抱えている際に、役立てば幸いです。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事