小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

神奈川・東京にある人気の小学校受験の倍率はどのくらい?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/11/29

小学校受験に向けて最善の努力をしている家庭も少なくありません。こうした小学校の受験は首都圏の学校に集中していますが、その中でもやはり神奈川・東京の小学校が人気です。

受験で気になるのが何と言ってもその倍率でしょう。ここでは多くの希望者がいる神奈川・東京の小学校受験に関する倍率などの情報を紹介していきます。

超人気の国立小学校への受験はかなり難しい

単純に小学校受験と言ってもこれにはいろいろな選択肢があります。たとえば、国立の小学校なのかそれとも私立の小学校なのか、何はともあれまずはこの選択が必要です。

最初に国立の小学校について述べます。全国には国立小学校は70校以上あり、それらは当然のことですが難易度も変わってきます。

よく受験に倍率という言葉が頻繁に登場してきますが、これは簡単に言ってしまえばその学校の合格者の数に対していったいどのくらいの人数が受験したのかというものです。その率を見て驚いて志望校を変える人もいますが、受験とは目標に立ち向かうものですから逆に励みにすることもできるのではないでしょうか。

こうした国立の小学校で超人気のところはやはり神奈川・東京になります。これらの人気小学校は受験倍率100倍を超えるところもあり、平均すると70倍のところが多いです。

国立の超人気校では考査や面接に加えて抽選をおこなうところもあります。試験を受ける前にそこでかなりの人数が振り落とされることになりますから、これは明らかに運ということになるでしょう。

私立の小学校への受験は受験校の選択が大切

小学校受験を目指している人は、必ずと言っていいほど小学校をいくつか併願している場合があります。

また、有名校一本で勝負をかけている人もいるでしょう。神奈川・東京には超人気校が揃っていますので、志願者もかなりの数います。まず、東京で超人気の私立小学校の倍率は60倍前後で国立並みの倍率です。それ以外の人気校では10倍前後になります。

一方、神奈川では超人気校でも10倍前後で、比較的受験しやすい条件になっているのではないでしょうか。もちろん、学校は名前だけが有名であればそれでいいというわけではなく、学校の教育方針や学園環境なども考慮する必要があります。

こうした条件が整っていても受験倍率が10倍以下というところもかなりありますから、受験校の選択は慎重におこなうことが必要でしょう。

子どもに合った理想の小学校を選ぶことが大事

小学校受験の際に受験校を選ぶ一つの基準として「倍率を見る」というものがあります。ですがこの倍率ですべてを決めてしまうのは避けたいところですが、ある程度の指標にはなりますので、必ず見ておくことが必要でしょう。

当然のことですが、受験校を選ぶときに明確にしておきたいことは、何のための受験なのかということです。高校や中学、そして大学へとそのまま上に進学できるシステムであるからとか、その学校の教育方針が良かったからとか、いろいろあります。

特に私立小学校にはそれぞれ独自の特色がありますから、理想とする教育が受けられる小学校を選ぶことも大切です。

 

少子化高齢化が叫ばれている世の中でも、我が子に小学校受験をさせるという家庭はけっこう多いです。特に神奈川・東京には超人気の小学校が揃っていますから必然的に受験者数は多くなります。

受験する小学校の選択で重要になるのが倍率というものでしょう。神奈川・東京の人気校では国立の場合は70倍から100倍で、私立でも一部では70倍前後というところもありますが、多くは10倍前後の人気小学校がたくさんあります。ただし、10倍以下の小学校でも教育方針や学園環境が魅力的なところも少なくありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧