小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験塾で宿題はあるのか

公開日:2019/01/01  

近年では受験の低年齢化が進行し、小学校受験を目指す子供が増えているようです。

小学校受験には一般の受験とは異なるノウハウが必要とされるため、小学校の受験を専門とする塾の活用がおすすめだといえるでしょう。

普段の生活とのバランスを保ちながら、受験を成功させることができるのです。

今回は、小学校受験塾では宿題があるのか調べてみました。

 

小学校受験塾でも宿題を出すことが多いようです

受験塾の多くでは、宿題を設定することが一般的です。

実際に塾に通わせている親御さんの口コミをチェックしてみると、土日ではこなしきれないほど多くのプリントが課題として提示されるといった体験談が多くなっています。

親御さんにとっては志望校に合格することが受験塾に通わせる目的であり、塾では通っている生徒の合格率を少しでも高めることを目指しているため、必然的に宿題が多くなる傾向があるのです。

プリントなどの課題をこなすことは、学力の向上には必要不可欠となっていますので、宿題が多くてこなすのが大変だということはある程度仕方がないことだと言えます。

受験塾に通う子供には大変かもしれませんが、これも愛のムチだと考えて親御さんは子供にしっかりと勉強するよう指導してください。

今は子供に恨まれるかもしれませんが、小学校受験に成功すればその後は親御さんのおかげだと感謝してくれる日が訪れるはずです。

 

一部には宿題を出さない受験塾もあります

一般的な学校や学習塾では宿題を出すことが多くなっていますが、一部の小学校受験塾では出さない場合などもあるようです。

小学校の受験塾に通うのは、いわゆる幼稚園児や保育園児などの4歳から5歳程度の幼児がほとんどであるため、幼児に対して厳しい課題を設定しても十分な効果が得られないと考えられているからです。

むしろ勉強が嫌いになって、小学校受験のための学力要請には逆効果になってしまう場合などがあるのです。

一部の受験塾では授業のカリキュラムに遊びの要素を取り入れて、子供が自ら自然に学べるような工夫を行っています。

子供が自主的に学習に取り組むことにより、より高い学習効果が期待できると考えているのです。

宿題を設定するべきなのかどうかについては、子供の性格などによって異なるといえるでしょう。

勉強に対して拒否反応を示さず積極的に取り組む子供であれば、宿題を設定する受験塾が適していることになります。

一方で勉強を苦手とする子供の場合には、宿題を設定しない受験塾を選ぶのがよいかもしれません。

 

受験塾の選び方が合否を大きく左右することになります

小学校受験を成功させるためには、受験塾の選び方が重要だといえるでしょう。

小学校受験には一般の受験とは異なる様々なノウハウが必要とされるため、まずはしっかりと情報収集を行うことから始めてみてください。

近年ではテレビのコマーシャルなどでも大手幼児教育教室を見かけますが、イメージで何となく選んでしまうと失敗する可能性が高くなります。

小学校受験ではペーパーテスト・面接・行動観察などが行われます。

ペーパーテストや面接はすぐにわかると思いますが、行動観察というのは受験する子供を5人から10人程度のグループにして、試験管の指示に従って様々な行動を行う試験のことになります。

近年の小学校受験ではこの行動観察を重視する傾向が強くなっているため、受験塾にはより専門的な対策が必要とされているのです。

行動観察形式の試験のシミュレーションを行うことが、受験塾の重要な役割となっています。

受験塾を選ぶ際には親御さんと子供がご一緒に、まずは実際の授業を見学してみることをおすすめしたいと思います。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧