小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に有利な志望動機の書き方はある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/21

神奈川・東京で小学校受験を考えているという人もいるでしょう。ですが、受験激戦区では合格率を高めることがなかなか難しくなります。合否を左右するのには、志望動機が大きく関係してくるので、記入するときには十分注意しましょう。ですが、なぜそこまで志望動機が重要なのでしょうか。

小学校受験で志望動機が重要な理由

小学校受験において、志望動機というのは学校側が合否を判断する際の大切な要素となっています。志望動機を見ることで、子供が日頃どのような環境で暮らしているのか、また親とどのような関わりを持っているのかを知ることができるのです。志望動機は単に事務的な手続きと考えていては不利になるので、書くときには注意しましょう。

志望動機を書く前には準備が必要

志望動機を書く前には、事前に準備しておくことがあります。それは、願書は配布が始まったらすぐに入手することです。願書は期間内に手に入れなくては、申し込むこともできません。のんびり構えていては、気がついたときには日にちを過ぎていたということもあり得るので、できるだけ早めにもらっておきましょう。

そして、このときに気を付けなくてはいけないことは、いきなり書き始めるということです。いきなり書き始めると、緊張から誤字や脱字の心配があります。もし、万が一誤字や脱字があったときには、後から書き足したり、修正液などを使用してしまうと、かなり印象が悪くなってしまいます。願書を書くときには、コピーして練習用にするなどして、本番ではミスがないように心がけましょう。

そして、記入上の注意事項については学校によって違いがあるので、必ず読むようにしましょう。また、使用する筆記用具の確認も大切なことです。万が一のことを考えて、耐水性のボールペンを使用すると安心です。このときに、記入欄が太い場合は、0.7ミリでも大丈夫ですが、記入欄が狭い場合は太すぎると何が書いてあるのかわからなくなる可能性があります。0.5ミリのボールペンを使い読みやすい願書を心がけましょう。

書く内容も大切なことなのは、何よりも読みやすい文章です。文字の大きさ、文字と文字の間隔を意識するようにしましょう。

志望動機は具体的に書くことが大切

志望動機を書くときには、具体的に書くようにしましょう。なぜなら「御校の教育環境の素晴らしさに感銘しました」といった言葉なら他の人も使用している可能性があります。学校側としては個性を感じることはできません。

もし学校側が「自主性」を重んじている学校だったら、そのことを絡めるようにすると良いでしょう。例えば「以前から自分の子供には自分の意見をしっかり養って欲しいと考えていました。御校の自主性を重んじる経営理念は、まさに理想的だと考えています」と記入することにより、学校側は親がどのような子育てを希望しているのかがわかりやすくなります。

学校側が知りたいのは、なぜこの学校を志望したのかということの他に、どのような子育てがしたいかということなのです。他の志望者との差別化を図ることは、印象にも残りやすくなります。できるだけ詳しく書くようにすることを心がけましょう。

 

小学校受験のときには、願書に志望動機を記入することは、合否を左右するほど重要なことです。学校の経営理念などを把握して、子供の性格などを絡めながら、具体的に記入することが大切です。具体的な内容にすることで、学校側は親がどのような子育てをしたいのかを知ることができるのです。

願書を書くときには、学校側が読みやすいように筆記用具を工夫することなどを意識すると良いでしょう。また、学校によっては、注意事項が異なることもあるため、記入する前には必ず確認しておくようにしましょう。記入例がある場合は、参考にすることも大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧