小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

国立小学校受験と私立の小学校受験の違い

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/27


小学校受験を検討している方は、国立小学校受験と私立の小学校受験との違いをまず知っておく必要があります。この両者の違いを把握していないため、どちらを受験させればよいのか迷う方も少なくありません。どちらがおすすめという訳ではなく、現在住んでいる地域によっても受験の選択方法が異なるため、事前に理解しておくことが大切です。

神奈川・東京で国立小学校を受験する

神奈川や東京で国立の小学校を受験する場合、一般的に国立小学校は教育機関が設立した小学校です。神奈川や東京の小学校受験で、お子さんに質の高い教育を期待している保護者にとって、国立の小学校では研究をベースにした授業が実施されているのがポイントです。

教師の質が高いのはもちろんのこと、それに応じた教育を受けさせる期待があります。私立小学校とのつながりも見受けられ、一部をなす国立小学校においては、国立の小学校教師を私立の小学校へ派遣し教師の教育指導を行うこともあるようです。

教師の教育指導を行えるほど、質の高い教育レベルが最大のポイントであるといえます。しかしこの国立小学校受験ですが、必ずしも受験者全員が希望できるというわけでなく、今現在の居住地によっては受験資格を制限している小学校もあります。ですから今現在のお住いの地域からでも、気になる国立小学校の受験資格があるかどうか早めに確認しておきましょう。

私立の小学校受験とは?

私立の小学校の大きなポイントであるのと同時に魅力なのが、私立小学校はそれぞれの学校により個性的な特徴がある点です。それは教育方針や校風などにも見受けられますので、私立小学校受験を検討している方はどのような特色があるのかを、事前に下調べするなどしておく必要があります。

お子さんの個性や保護者が求める教育内容に該当する私立小学校受験を選ぶことで、子どものもつ個性や力を引き出せる可能性が高まります。また国立との大きな違いとして、私立小学校受験の場合は、それぞれ男女別に選択することも可能で女子校や男子校はもちろんのこと、男女共学という選択肢も可能です。

さらには内部進学といって、私立小学校に入学するとそのまま中学から高校、そして大学までとエスカレーター式で進学できる私立小学校も存在します。中学や高校の受験勉強に振り回されず、そのまま内部進学してほしいと希望する保護者にとってもこのエスカレーター式は見逃せないポイントでしょう。

国立と私立どちらがよいのか

国立小学校受験と私立小学校受験どちらも大きな魅力や特徴がありますので、両者の違いを把握できても実際どちらの小学校受験をお子さんにさせればよいのか、判断に迷ってしまうという保護者も少なくありません。そんなときの解決方法として、実際に受験を検討している小学校をリストアップすることがおすすめです。

次に実際にその学校に足を運び、雰囲気や学費や教育方針などの情報収集などをしていきます。学校の特色に触れることで、将来お子さんが小学校に入学したときのイメージすることができます。学校に足を運ぶことで、よりどのような学校に入学させたいか明確になってくるでしょう。

また実際に自宅から学校までの通学時間や通学路も把握することができます。体験入学や学校説明などさまざまな情報収集できる場に積極的に参加することが、判断するために必要な方法だといえます。

 

小学校受験はその先の将来を大きく左右するので、どのような学校を受験させるかは真剣に考える必要があります。前もって国立と私立の特徴やメリットを知ったうえで、お子さんに最適な学校を選びましょう。できるだけ学校に行き、直接雰囲気などを確かめることが大切です。小学校受験を検討している親御さんは、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧