小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の過去問は購入できる?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/19

小学校受験をしたいので過去問を購入したいと考えているけど、購入方法がわからない方も多いのではないでしょうか。今回は小学校受験で必要な過去の入試問題集を手に入れる方法を紹介していきます。どんなところで購入できるのか、この記事で確認してみてください。

書店やインターネットで入手できる

小学校受験の過去問や書店やインターネットで入手することができますが、小学校によっては販売していないところもあるので事前に確認することがポイントになります。国立と私立、両方の入試問題集が販売されていますが、国立小学校は年度ごとに傾向が変わることがあるので注意が必要です。

国立の場合は入試問題だけでなく幅広い問題をおこなって、対策するのがおすすめです。私立小学校は年度ごとに大きく変わることがないので、過去問を活用することができます。入試問題集は一般的な問題集に比べて料金が高い傾向ですが、子どもに何度も解かせるために何冊も購入している家庭が多いです。

私立小学校は毎年同じパターンで問題が出題されることが多いので、入試問題集は必要不可欠です。私立小学校に受験するほとんどの家庭が入試問題集を購入しています。筆記試験で合否が決まるわけではありませんが、対策できるものは対策しておくことが合格を勝ち取るために必要です。

ダウンロードでも入手することができる

私立小学校の過去問は、書店やインターネットで購入する以外にもネットでダウンロードする方法もあります。そして過去問の中には、問題集と答案だけでなく、過去の傾向と対策が詳しく記載されているものもあるので、受験する際にとても役に立ちます。

ただし、解き方が詳しく載っているものもあれば、あまり詳しく載っていないものもあるので、購入する際にはよく確認することが大切です。一つの小学校の問題が何社からも出ているわけではないのであまり選択肢はありませんが、それでもよく吟味して選ぶことがポイントになります。小学校受験では人気のある学校ほど倍率が高く、さまざまな対策をおこなわなければなりません。

しかし子どもはまだ受験というものをよく理解していないので、親がしっかりサポートしなければなりません。そんな時、役に立つのが志望校の入試問題集です。志望校の入試問題集を手に入れたのであれば、まずはその問題を親が確認するようにしましょう。親がしっかりと受験内容を確認することによって、いろいろな対策をおこなうことができるからです。

反復して何度も問題を解くことが大切

小学校受験の過去問を手に入れて、子どもにやらせるのであれば、反復して何度も問題を解くことが大切です。これらの入試問題は、過去から現在まで学校が求めているものが出題されている傾向なので、一とおり解いて行くことがポイントになります。

学校の方針が変わらない限りは、問題が統一されていることが多いので、間違いがあったところは何度でも解き直しをするのが重要です。それをおこなわないと何度も同じ問題でつまずいてしまう恐れがあるからです。一日に一回は間違えてしまった問題を解き直しするようにしましょう。

この努力が合格へと導いてくれるからです。もちろん、子どもが疲れてしまったときはゆっくり休ませましょう。無理に問題を解かせてもきちんと身につくことができないからです。小学校受験の問題は、子どもの能力を問う問題がバランスよく出題されているので、まんべんなくこなすことができる子が合格しやすいといえます。

しかしどんな問題もまんべんなくできる子はほとんどいないので、苦手問題を克服して幅広く問題を解いていくことが大切です。

 

小学校受験の過去問の購入場所を知ることができたでしょうか。小学校受験の入試問題集は、書店やインターネット、ダウンロードで手に入れることができます。しかし中には過去問を販売していない小学校もあるので注意が必要です。入試問題集を手に入れたら、何度も解いていくことがポイントになります。

特に間違えてしまった問題は、できるようになるまで何度でも解くことが大切です。国立小学校は年度によって出題される傾向が変わることがありますが、私立小学校は傾向が変わることが少ないので過去の入試問題でしっかりと対策するのがいいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧