小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に必要な塾の月謝はいくらくらい?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/17

ある程度のレベルの学校を受ける場合には、塾などに通うことが必要になるでしょう。ただ、塾に通う場合は一体どれぐらいの月謝がかかるか分からないことが多いはずです。そこで、今回は塾に通う場合どれぐらいの費用がかかるかを説明していきます。

初回にかかる費用は一体どれぐらいか

中学受験用の塾に通う場合、まず体験学習などをおこないますが、これは無料でおこなっているところが多くなります。無料でおこなっている理由は誰でも気軽に参加してもらうためです。

一方で、お金を払って体験学習をするようなところもあります。無料のところは、有料のところに比べると内容が劣るのではないかと考える人もいますが、実際は必ずしもそのようなことはいい切れません。

体験学習を経て入塾する場合には、費用として初回の月謝と入会金そして教材費用等がかかります。入会金に関しては、それぞれ場所によって異なりますが10,000円から30,000円程度になることが多いです。

中には、キャンペーン期間中は無料になっているところもありますので、気になる塾があれば常にホームページを見てキャンペーンがおこなわれていないかを確認しておくのも1つの方法です。教材費は、おおむね10,000円前後になることが多いです。

これは、一般的に販売されている教材の場合がそれぐらいの値段になるのであって、塾がオリジナルで作っている教材の場合は3倍から4倍位のお金がかかることもあり得るでしょう。オリジナルの教材を作ると言うことは、それだけ教材に力を入れていることを意味しています。他のところと差別化を図る意味においても、金額が高めに設定されていると言っても良いです。

通常授業にかかる費用を調べておこう

小学受験をする場合、塾のほうでは毎月通常授業をおこないます。夏休みの講習会や冬休みの受験直前の講習会なども開かれますが、それ以外はほぼ通常の授業と言って良いでしょう。このときかかる月謝は、どのような種類の勉強を教わる日によって異なります。

平均的には30,000円から50,000円位と考えておけばよいでしょう。これは、椅子に座って学習する勉強だけでなく、幼児教育の類のものを含めます。小学校受験では、単に子供の知能に関するものを見るだけでなく、運動能力などを見て行くのが特徴です。そのため、体育に必要な内容などを実技で学んでいくことになるでしょう。

これらの費用を考えると、やはり最低でも30,000円から50,000円になると考えて良いです。一流と呼ばれている小学校を目指す場合には、さらにそれ以上のお金が必要なことがあります。保護者によっては、毎月100,000円ほど支払っている家庭等もある位です。ただ、そのような特別な場合を除いてはそこまでかからないと考えてよいでしょう。

夏の講習会等はどれぐらいの費用がかかるか

中学受験や高校受験等と同じように、夏の講習会が開かれることが多いです。幼稚園や保育園が休みのときに、夏の講習会をおこないその間に受験に必要な基礎力を確実に固めていく仕組みです。そのため、通常授業の勉強量ではなく、その2倍から3倍位の勉強量になるといっても過言ではありません。それに比例するように費用のほうも2倍から3倍にアップします。

 

東京や神奈川で小学校受験を考えている場合には、まず初期費用がどれぐらいになるかを知っておきましょう。教材費や入会費用そして初回の授業料等が合わせると、合計で70,000円ぐらいかかる可能性があります。ただ、入会金等はキャンペーン期間で無料になることもあり得ます。

次に、通常授業に関しては選択する科目によって変わってくるところですが、おおむね50,000円前後の費用が毎月かかると予想しておくべきです。講習会等は、通常授業の2倍から3倍ぐらいはかかります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧