小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に必要なことは学力の他に何がある?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/21

神奈川・東京で小学校受験をする場合、学力以外で必要なことがあるということを知っていますか。今回は学力以外で何が必要かを紹介します。志望する小学校に合格するためにはどんな能力が必要なのかを知って、子どもと一緒に対策していきましょう。

集中力や人の話を聞くことができる能力が必要

小学校受験に合格する子どもは、集中力を身につけていることが多いです。また静かに人の話を聞き続ける忍耐力もあります。そのような能力をどうやって身につけたらいいのかというと、読書をする習慣を小さい頃から習慣にするのがポイントになります。

しかし小学校に入学する前に無理やり読書を勧めてしまうと、文字を読むのも、たどたどしい頃なので、上手く読めなくて本を読むのが嫌いになってしまう恐れがあります。それではどのようにして子どもに読書の習慣をつけさせるかというと、親が読み聞かせをすることです。

昼間は受験対策のための塾へ通うのに忙しいので、夜寝る前などに親が読み聞かせをするのがおすすめです。読み聞かせをする絵本は、親が選んでもいいですし子どもが好きなシリーズでも構いません。親子で楽しめる時間になるようにしましょう。

また親が読書する姿を見せることも大切です。それによって自然と読書をする習慣を身につけることができます。

遊びの中で創造力を育むことも大切

小学校受験に合格するためには、子どもに創造力を身につけさせることも大切です。どのようなことをすれば子どもに創造力を身につけさせられるかというと、パズルのような頭を使う遊びをさせてあげることです。

他にもブロックを使って何か作る遊びも創造力を身につけさせることができます。ブロック遊びは自分がイメージしたものを自由に表現することができるので、創造力を伸ばせるからです。パズル的な遊びもブロック遊びも考えながら遊びを進めていくことになるので、積極的に遊ばせるようにしましょう。

受験勉強の息ぬきに遊ぶのもいいのかもしれません。他にもお絵描き遊びも、創造力を育むのに有効です。お絵描き遊びはさらに空間を把握する力や集中力を養うのにも役立ちます。

他にも神経衰弱や七並べなどのトランプ遊びも集中力を育むのにおすすめです。これらのトランプ遊びは集中力を育むだけでなく、神経衰弱は暗記力を鍛えることができ、七並べは数を数える能力を育むことにつながります。

早寝早起きなど規則正しい生活を送ろう

小学校受験で思い通りの結果を得たいのであれば、子どもに規則正しい生活を身につけさせることが大切です。毎日早寝早起きをしている子どもは、情緒が安定していることが多いからです。

また親の言うことをきちんと聞ける子は、小学校に入学してからも先生の話をよく聞くことができるようになります。したがって親が寝なさいといったらすぐにベッドに行くことができる子どもが合格しやすいといえるでしょう。小学校受験に向いている子どもとは、勉強を苦に思わないで取り組むことができる子です。

また初めて会った人にも挨拶をきちんとできる子どもも小学校受験に向いているといえます。そして集中力がある子どもは受験に有利です。絵本の読み聞かせで集中力を育み、遊びの中で創造力を養い規則正しい生活で情緒を安定させるようにしましょう。

子どもを早寝早起きさせるには親も一緒の生活をおこなうことが大切です。家族全員で規則正しい生活をすれば、自然と身につけさせることができます。

 

このように神奈川・東京の小学校受験で学力以外に必要な能力は、集中力や創造力、規則正しい生活を送る能力です。集中力は親が絵本の読み聞かせすることによって育むことができるので積極的におこなうようにしましょう。

想像力はパズル遊びやブロック遊びの中で養うことができます。お絵描きも空間力を育むのに有効です。これらの能力を家庭で鍛えつつ、規則正しい生活を送ることによって、小学校受験で必要な情緒を安定させることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧