小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験で焦りが出やすい時期

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/19

小学校受験に焦りを感じるのは、お子さんだけでなく親御さんにもいえることでしょう。焦りを上手に抑えていくことが受験対策を成功させる秘訣です。今回は焦りを感じやすい時期、焦りを感じてしまう理由、気持ちを安定させる必要性などについて説明します。お子さんの小学校受験を成功させるためにも、親や学習塾の全面的なサポートが必要です。

いつごろから焦りを感じ始めるのか?

子どもによって感じ方は違いますが、一般的に小学校受験まで2ヶ月程度になると焦りを感じ始めるケースが多いようです。1年や半年後という状況ならまだ気持ちに余裕があるでしょう。しかし、残り2ヶ月ほどになると本格的に受験を意識するようになります。その焦りは人生における受験のなかでも最大といわれています。

なぜなら、初めての受験になるためです。小学校受験では育ちのよいお子さんが集まっており、当然ながら教育レベルの高い子達ばかりです。小さいお子さんが競争の場に身を置くわけですから、焦りを感じるのは仕方がありません。

これは子どもだけでなく親にもいえることで、子ども以上に親のほうが焦るというケースは多々あります。しかし、焦ることにメリットはなく、不安を増大させてしまうだけです。気持ちが不安定になると勉強に集中するのが難しくなるため、子どもを焦らせない工夫が必要でしょう。子どものメンタルを安定させて、安心させてあげるのは親の役割です。

小学校受験で焦りを感じやすい状況とは?

焦りというのは自信がないときに生まれやすいといわれています。たとえば苦手科目がある状況です。頑張っているのに学習効率が上がらないという状況で焦りが生まれやすいのです。得意科目に関しては学習を楽しめるため、負の感情は起こりにくくなります。

神奈川・東京で小学校受験を成功させるためには、小学校受験の対策塾を活用するのがおすすめです。受験のことは受験のプロに任せれば失敗がありません。神奈川・東京の受験対策塾では、お子さんのメンタルサポートも行っています。漠然と知識を詰め込めば学力が上がるというものではありません。

確かに記憶することも大切ですが、学びの王道は自分で考えることにあります。考えて答えを導いていく思考を身につけることが重要です。小学校受験を成功させるためには、いかにリラックスして臨むかがポイントです。焦りを感じている状況では、自分の実力をフルに発揮することが難しくなるからです。

気持ちが不安定になると学習効率が下がる

小学校受験がまだずっと先という状況でも、精神状態によっては不安を感じてしまうでしょう。学力が伸びやすいお子さんの特徴は、気持ちが安定していることです。そのため、子どもが落ち着いて学習できる環境を作ることが必須です。両親の仲がよいことも大切なポイントで、いつも喧嘩ばかりしていると子どもは不安になってしまいます。子どもは大人が思っているよりもずっと敏感な感性を持っています。

神奈川・東京でトップクラスの実績を有する小学校受験の対策塾なら、プロの視点からアドバイスをしてくれるでしょう。受験に一生懸命になるのはよいことですが、それが裏目に出てしまっては困ります。焦れば焦るほど気持ちが乱れてしまい、学習効率は低下してしまうのです。

スポーツはメンタルの状態で結果が大きく変わるといわれていますが、これは勉強にもいえることです。神奈川・東京で小学校受験を控えているお子さんを持つ親御さんは、有名私立や国立の合格実績が豊富にある神奈川・東京の対策塾を活用してください。

 

小学校受験まで2ヶ月くらいになると、気持ちが不安定になってくるお子さんが多くなります。親も焦りを感じやすい時期ですから、メンタルを安定させるように意識してください。子どもの自信を養うためには、苦手分野を克服していくことも大切です。学習効率を上げるためにも、気持ちを前向きに安定させる必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧