小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

男の子の小学校受験をする時に知っておきたいこと

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/23

神奈川・東京で、男の子の小学校受験を目指している人は多いでしょう。かつては小学校受験というと、一部のお金持ちの家庭だけが行うものというイメージがありました。しかし最近では一般的な家庭でも、興味を持つ人が増えてきているのです。息子に小学校受験をさせたい場合にはメリットだけでなく、デメリットについても知っておきましょう。

落ち着きのない男の子は受験ができるのか

神奈川・東京で男の子の小学校受験を目指しているという場合、知っておくべきことがあります。小さい男の子の中には、元気すぎて落ち着きがないという子もいるでしょう。受験のために勉強をさせたいという場合、まずは落ち着くことを教えることが大切です。塾に通わせればよいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、塾では勉強以外の部分についての指導はほとんどありませんし、家庭できちんと教えていくべきです。場合によっては、マナー教室に通わせるといった方法もよいかもしれません。ちなみに、共働き家庭でも、男の子の小学校受験を目指すことはできます。

以前は母親が専業主婦の家庭が子どもを受験させるというケースがほとんどでした。ですが、最近ではさまざまなニーズに対応する学校が増えてきています。学童保育を行っているところもありますし、説明会など保護者が参加するイベントを土日に開催するなど、共働きの家庭を受け入れる体制になってきているのです。

男の子の小学校受験は大変なことも

神奈川・東京で小学校受験をさせたいという場合、親の負担についても確認しておくべきです。遊びたい盛りの男の子に勉強をさせたり、幼児教育に通わせたりというのは、なかなか大変なことかもしれません。時間的にも精神的にも大変な部分はありますが、受験をさせると決めたら親もそれなりの覚悟が必要です。

早起きして勉強する時間を作ったり、土日にやっている幼児教室に通わせたりといった方法なら、無理なく勉強させることができるでしょう。入試では生活習慣もチェックするので躾にもなりますし、受験のために勉強したことは小学校に入ってからも役立ちます。

また、親子で共通の目標に向かって進んでいくことになるため、親子の絆を深めることにもつながります。私立の小学校に通わせるとなると、お金は確かにかかります。しかし、神奈川・東京では4人に1人が中学受験をしているため、塾の費用や手間を考えるなら、小学校受験の方が楽だと考える親も多いです。

男の子を小学校受験させるメリットやデメリット

神奈川・東京で男の子を小学校受験させるメリットは、まず子どもに合った学校を選べるということが挙げられます。また、価値観や家庭環境の似ている子どもが集まることや、施設が公立校より充実していることなどもメリットです。

さらに、高校や大学附属の場合、受験がないので、子ども自身がやりたいことに専念できることもポイントです。小学校受験のデメリットとしては、通学に時間がかかることや、地元の友達ができにくいといったことが挙げられます。男の子の小学校受験をよい思い出にしたいという場合、家庭の目標をきちんと決めておくことが大切です。

周りに流されるのではなく、子どもに合った学校を選んで受験をさせましょう。他にも小学校受験をさせる場合、合格を目的としないことが大切なポイントです。重要なのは20歳になった時にどんな人になって欲しいかということであり、志望校に合格できなかったとしても前向きな声掛けをしてあげましょう。

 

男の子に小学校受験をさせるべきか、悩んでいる人も多いでしょう。まずは受験をすることのメリットとデメリットを比較する必要があります。小学校受験を乗り切ったからといって、将来が保証されているというわけではありません。家庭環境や収入はそれぞれ異なりますし、本当に受験させてよいのかどうかよく考えることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧