小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験のための塾通いはいつからが最適?

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/08


子どものために、国立や私立の小学校に通わせたいという保護者は多く、小学校受験で合格するためには正しい時期に正しい内容を勉強することが必要です。受験を乗り切り合格させるための受験対策として塾に通うことがおすすめですが、いつから通うことが最適なのでしょうか。ここでは、小学校受験のための塾通いについて紹介していきます。

みんなはいつから通わせているのか

小学校受験のために塾に通う子どもは受験した人の約半数で、早い場合は3歳から通う子、受験直前に通い始める子が多い傾向があります。早い段階から通わせて万全な体制をとるケースと、基本的に自宅で学習し、直前に復習の感覚で模試や面接対策をするなど人それぞれです。

塾に通うペースは週1~2日、週3~4日まで、それぞれの子どもに合わせて異なります。子どもが無理なく続けられるように、ペース配分を考えて通わせているようです。中には1歳から通える幼児教室のある子どもクラブに通わせる人もいて、小さな頃から遊び感覚で通っている場合があります。

近年、小学校受験向けの塾はさまざまなものが増えており、実体験が身に付く体験授業が多い塾や、志望校に合わせた面接練習ができるところも人気です。その他にも、マンツーマンで個別テストや個別指導をしている、両親が共働きをしている家庭向けの学習塾もあります。

塾の学習内容は年齢によって違う

幼稚園に入園したばかりの幼い時期は、クレヨンや積み木などの教具を正しく使えるように、教具を使った授業を行います。知的好奇心を伸ばしながら、小学校受験の基礎を作り上げていくのです。また、家庭で基本的な生活習慣を身に付け、集団生活もできるような指導が特徴でしょう。

年中さんでは受験に必要な知識や理解力、聞くこと・話すこと、表現力を学び、宿題が出され学習習慣を身に付けます。年長さんからは知的分野の指導や面接なども行われ、過去の入試問題やオリジナルプリントで、受験に必要な知識や理解力を深めます。塾により授業内容やカリキュラムはさまざまですが、受験対策に必要な情報を得られ、合格に必要なコツを習得できるでしょう。

集団での生活能力が身につき、小学校によって試験内容が異なるため、入学させたい小学校の傾向を知ることができるのも通うメリットとなります。保護者だけでは得られないコツを学ぶことができますが、子どものタイミングに合わせて通い始めることが重要でしょう。

東京や神奈川エリアの小学校受験対策

東京や神奈川エリアは人口が多く、子どもの数や国立・私立の小学校も数多くあるので、小学校受験向けの塾もたくさんあります。志望校合格を目指した塾選びは大切ですが、さまざまな特色があるので検討して選びましょう。東京や神奈川で人気の小学校は、学力が高い難関大学の小学校や有名私立小学校も多いようです。

このエリアでは、小学校受験に臨む子どもも増加している傾向にあるため、なるべく早い時期から通い始めることが重要になるでしょう。受験に強い塾が揃っていることもこのエリアの特徴で、小学校二年生レベルの学力を身に付けられるところもあります。

両親へのサポート体制が整っている塾も多く、忙しい両親でも安心して子どもを通わせられる塾も多いでしょう。また、最新の設備や教材を使って授業を行い、ベテランの先生も多く、常に学習プロラムの研究に励んでいます。教育環境が整っている塾で早い段階から学ぶことができれば、合格への近道となるでしょう。

 

一人ひとりの子どもに熱心な教育が行われる小学校受験の塾では、東京や神奈川に限らず全国の塾で子どもの才能を伸ばし、コミュニケーション能力も早い年齢から身に付けるよう指導しています。問題が解ける喜びを覚え、楽しく通いながら受験対策ができるので、なるべく早いタイミングで通うことがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧