小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験のために個人塾に通う意味とは?

公開日:2019/10/15  

神奈川・東京で小学校受験を考えている家庭では、受験専門の塾に通っていることが多いのではないでしょうか。小学校受験専門の塾には、大手から小規模のものまでさまざまな種類があります。今回は小学校受験で個人塾に通う意味について紹介します。

苦手分野克服などその子に合った指導をする

個人塾に通わせるメリットとして挙げられる点は、苦手分野を克服するなど、子ども一人一人に合わせた指導をおこなってもらうことができる点です。大手の小学校受験専門の塾では、カリキュラムに沿って授業を進めていくので、わからないところがあっても授業はどんどん進んでいくという特徴があります。

何でもそつなく器用にこなせる子どもであれば、大手の塾で学ぶだけで十分に受験に対応することができますが、そうではない子であれば、わからない部分を親がサポートしてあげなければなりません。

しかし親は教育のプロではないので、子どもが理解するまで教えることは難しいといえます。少人数制の個人塾なら、じっくり子どもを指導することができるので、子どもの苦手分野に対応することが可能です。

比較的得意な分野は短い時間で指導をし、その分を苦手分野の指導にかけることができるので、効率よく学ぶことができます。それらの塾の中にはプリントに特化した塾などもあるので、目的に応じて使い分けることがポイントになります。

共働きにも対応することができる

小学校受験をする家庭の多くは、母親が専業主婦である場合が多いのではないでしょうか。確かに小学校受験は親の受験ともいわれているように、親の出番が多いので、仕事をしていない母親のほうが都合の良い場合が多いです。

共働き家庭が小学校受験をするのに困難な理由の一つとして、母親が働いていると塾の送り迎えが難しい点が挙げられます。フルタイムで働いていると仕事が終わるのが5時過ぎになってしまうので、それから子どもを塾に通わせるのは大変だからです。

そもそも小学校受験専門の塾は、幼稚園に通っている子を前提にしているケースが多いので、授業時間も幼稚園が終わってからの時間帯が多いです。土日に通える塾もありますが、受験直前期になると土日だけでなく平日も通わないと合格を勝ち取ることが難しいといえます。

しかし個人塾は、比較的授業時間を柔軟に組んでいるケースが多いので、共働きでも小学校受験にチャレンジすることができます。季節講習を受ける場合も、都合が悪い日があったら柔軟に日時を変更してくれることもあるので、母親が働いていても通いやすいです。

オリジナルの指導方法をしている場合もある

個人塾の中には、大手塾で見られないような独自の指導法で子どもを指導しているケースもあります。宿題でペーパーを何枚やるなどのノルマを課すような詰め込み式の大手塾に通わせたくないと考えている方にとって、そのような独自の指導法をおこなう塾は最適であるといえます。

さらに小規模の塾は、コマごとに先生が代わることが少ないので、一人の先生にじっくり指導してもらうことができます。一人の先生に指導してもらうメリットは、指導方法がブレないので、子どもに迷いがなくなる点です。

さまざまな先生に指導してもらうと、先生によって意見が異なることがあるので、子どもはどの意見を受け入れればいいのかわからなくなってしまいます。一人の先生であれば一つの考え方だけを教えられるので、子どもは迷いなく勉強を進めることができます。

 

個人塾で指導してもらうメリットは、苦手分野克服などその子に合った指導をしてもらえる点と、スケジュールなどを柔軟に対応してもらえるので、共働きでも比較的通いやすい点です。

またオリジナルの指導法をしている塾が多いので、詰め込み式の勉強を子どもにさせたくないと考えている方にも最適です。このようなメリット以外にも、大手の小学校受験専門塾より、受講料が安い傾向なので、塾になるべくお金をかけたくない人にも有効であるといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧