小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験はIQの高さも重要?

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/08


小学校受験というと、お金持ちの家の特別な行事のように思う人も少なくないかもしれません。しかし、実際は神奈川や東京には私立や国立の小学校が多くあるため、一般的な世帯年収の家庭でも子どもによりよい教育環境を提供したいと思い、小学校受験を考えている親がたくさんいます。小学校受験に大切なことは何かについて、この記事で紹介しましょう。

小学校受験合格はIQの高さで決まる?

高校受験や大学受験は、勉強した時間数や勉強のコツを知っているかどうかで偏差値を上げていくことができます。努力した分だけ結果が出るという意味では、高校受験や大学受験のほうがずっと効率がよく平等かもしれません。東京や神奈川でも盛んに行われている小学校受験で問われる問題は、勉強した内容がそのまま出てくるようなことは少ないようです。

考える力や発想力といった地頭のよさを問われる問題が多く出題されます。日頃から発想を展開して考える力をつけたり、目にしたものや耳にしたものに好奇心を持ち考えたりする力をつけることが大切です。引っ掛け問題も小学校受験では多く出題されます。

そのため、大人が話していることや書いてあることを鵜呑みにするのではなく、それを一度疑ってみる、なぜそうなのかを考えることも大切でしょう。このような考え方ができる子どもは基本的にIQが高い傾向にあるため、IQが高い子どもが有利だといわれているのです。

東京や神奈川の名門小学校に入学させるには

いくらIQが高い子どもでも、東京や神奈川にある競争率が非常に高い名門小学校の受験を突破するのは困難です。合格には努力や費やす時間、親と子どもが一緒になって前向きに取り組む姿が必要でしょう。親の気持ちばかりが先走って、子どもは積極的でなかったり、遊びのほうが楽しくて対策をきちんとする時間を持つことができなかったりすると、合格は遠のいてしまうでしょう。

しかし、小さな子どもには、遊ぶ時間は大切で、遊ぶ方がずっと楽しいのは否めません。そのため、遊びの一環として楽しく受験対策を行えることが重要だといえるでしょう。たとえば公園へ遊びに行っても、学べることはたくさんあります。

なぜ花は咲くのか、どのように受粉をするのか、ブランコの数を数えたり遊具の数を足し算したりと、親の工夫次第でさまざまな学習を取り入れながら遊ぶことはできるのです。そのように受験を前向きに捉え、日々の生活に取り入れていくことが合格への近道です。

受験対策のセオリーを学ぶのは塾

親の努力やさまざまな学習を通して受験対策を行っていくことはできますが、最終的な受験のセオリーを教えてくれる塾に通うことがよいでしょう。勉強ができることやIQが高いことだけではなく、たとえば面接ではどのような受け答えをすることが好ましいか、どのような服装で面接へ行けばよいのかなど、受験の作法のようなものは、誰かに教えてもらわないとわからないものです。

とくに、子どもだけではなく親の教育も必要になり、母親は服装や受け答えを準備していても、父親はまったく準備ができていなかったなども、起こりうるトラブルのひとつです。両親ともにきちんと面接に向かう準備を進めていく上でも、受験対策の教室は有効に活用できます。受け答えひとつで印象は大きく変わりますし、受験は一発勝負です。せっかく勉強を頑張った子どもの足を親が引っ張ることは避けたいものですので、できる限りの対策をして臨みましょう。

 

少子高齢化も進む中、よりよい教育環境を子どもに提供することは親にとって重要な課題です。私立だからよいということではありませんが、子どもの個性に一番あった形で小学校という成長できる時期を過ごす場所を選ぶことは、どの親にとっても大切なことだといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧