小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験で親の学歴は関係ある?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/19

神奈川・東京のような首都圏においては、小学校の段階から積極的に受験する子どもが多くいます。地方では小学校受験なんて必要ないという声もありますが、神奈川・東京では珍しいことではありません。小学校受験ならではの要素として、親の学歴を聞かれることがあります。このことにはどんな意味・意図があるのでしょうか。

親の学歴の情報を知る必要性を考えてみた場合

小学校受験の場合、面接が行われるのが一般的です。その際には親子揃って面接を受けることになるのですが、学校側が見たいのは「どのような家庭なのか」という点でしょう。学歴の情報は、両親の考え方を知る上で一つの材料になると考えられます。

したがって、親の学歴が低ければ小学校受験で不利になるという単純なものではありません。どのような親がどのような家庭を作っているのかを学校側が知りたいと考えていると受け止めるのがよいでしょう。つまり、常日頃からどのように子どもに対して接しているのかを見られると考えるのが適切です。

親の学歴というのはその発言を裏打ちする情報の一つであるといえます。少なくともそれ自体が加点や減点の対象になることは考えにくく、それらの背景を持ってどのような面接をするのかということが、とても重要になってくると考えられます。大切なのは、日ごろからどのような考え方を持って子育てに取り組んでいるのかという点です。

親の学歴はどのように評価されることになるのか

親の学歴がすごければ子どももすごいという単純なものではないことは、誰の目からも明らかです。これは逆の立場から考えても成り立つものであり、親の学歴が高くなくても子どもが優れているということは、充分にあり得るのです。

神奈川・東京では有名な私立が数多くありますので、出身校のOBやOGであれば多少有利不利になることはあるのかもしれませんが、本質的な問題ではないでしょう。親の学歴というのは、親の考え方や生き方を客観的に示す資料の一つとなります。努力をしなければ入ることが難しい学校を出ているということを、客観的に示してくれるものでしょう。

面接の際に親の発言も問われることになりますが、問われた回答に対して説得力を持たせることになるのが学歴であるといえるかもしれません。もちろん学歴がなくても考え方がしっかりしているのであれば、何の問題もないことはいいうまでもありません。あくまでも判断のための補助材料となのです。

実際には親の学歴に関係なく合格するケースの方が多い

当然のことかもしれませんが、親の学歴は小学校受験の合否判断において最重要な要素にはなりえません。大切なのは、子どもがどのような環境で、どのように育ったのかということです。これを理解するための一つの物差しとして、親の学歴が問われことはあり得ることです。

しかしながら、親の学歴が合否の決定的な理由になることはないといって差し支えありません。その意味では全く無関係であるとはいえませんが、少なくとも学歴が高くないことが理由で小学校受験に失敗することはないと理解しておきましょう。

神奈川・東京では私立学校も数多くあることから、小学校から受験をする社会的な環境があります。私立の場合は各学校の指針や教育環境に独自性があり、希望に合う環境で子どもを育てていきたいという思いを示す結果の一つとして、小学校受験を選んでいるケースが多いです。受験では、各学校の教育目標、目指すところと合致しているかなどが問われているのです。

 

小学校受験の特徴であるともいえますが、家庭における養育環境も評価の一つとなります。そのため、親の学歴は判断材料として役立つことがあるのは事実です。しかしながら、その情報がそのまま子どもの合否に直結するわけではありません。学歴がないからといって、小学校受験に合格できないというわけではないと理解しておくべきでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧