小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の親の服装マナーと注意点

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/08


東京や神奈川では、小学校受験を検討されているご家庭も少なくないでしょう。有名私立や国立の小学校では質の高い教育を早期から受けることができるため、お子さんの可能性を大きく広げられることに期待がもてます。そこで重要なのが、同伴する親の服装マナーです。親の印象が合格を左右するケースも考えられますのでチェックしましょう。

全体的にキレイに整っていることが重要なポイント

これからお子さんの小学校受験を検討されている東京や神奈川の方は、お子さんの学力面や生活力などを引き上げていこうとさまざまな努力をしていることと考えられます。実際に小学校受験で学力考査を受けるお子さんだけではなく、同伴する保護者の雰囲気も面接のときなどに極めて重要視されるものですので注意が必要です。

人は見た目で大きく印象を与えるということは、既に一般的に知られるようになっている事実ですが、とくに僅かな差で合否が振り分けられる小学校受験の場においては親の服装が明暗を分けることがある可能性も否定できません。

お子さんの点数が同レベルで並んでいるときに、だらしのない服装をしている両親と、場に合わせてきちんと整った格好をしている両親を見比べると、面接を担当する人もその印象によって整っている服装の両親に伴われてきているお子さんを選ぶ傾向にあるものです。小学校受験の場にふさわしく、全体的に見てキレイで清潔感があるように整えることがおすすめです。

母親はベーシックでシンプルなスーツスタイル

一般的にきちんとした場所に向かうときに母親が着用することが望ましいのは、やはりシンプルで華美な装飾の少ないワンピースとジャケットのセットアップです。あくまでもお子さんが小学校受験の主役であるという観点から、東京や神奈川の保護者の方が多く着用するのは、比較的落ち着いた色合いです。

濃紺やグレーなど、目立ちすぎずほどよいきちんと感を出せる雰囲気のものを選ぶようにするとよいでしょう。小学校受験をする季節は、東京や神奈川でも気温の低い時期に重なることも多いため、同系統の色合いでスタイルのよく見えるコートを用意しておくことも重要です。

足元はヒールの高すぎないパンプスが基本で、必ずストッキングを着用することが大切です。柄の主張が目立ちすぎないのであれば薄手のタイツでも大丈夫ですが、毛玉や伝線がないかどうかは必ずチェックしておくことをおすすめします。ハンドバッグは革製で比較的小ぶりなものを用意し、アクセサリー類も必要最低限にとどめておくほうが無難です。

父親は無地のスーツで白のワイシャツが定番

両親の服装のテイストを合わせるということも重要ですので、父親もスーツを着用することが望ましいものです。流行を追ったデザイン性の高いスーツではなく、比較的改まったビジネスシーンでも違和感のない定番のスーツが最もふさわしいものです。

ワイシャツの色も派手であったり真面目さに欠ける印象を与えてしまったりする色味のあるものは避け、白色のものを着用することがベストです。ネクタイの柄は無地かそれに近いもので、ブルーなどの寒色系であることが爽やかで誠実な保護者であるという印象となります。

椅子に座った時に素肌が見えないように、やや丈の長いソックスを着用することも細かいことですが重要なポイントです。ソックスの色は黒や紺系がよいでしょう。爪先の細すぎない黒の革靴で、コートもスーツと同系色の落ち着いたデザインのものを選ぶことが大切です。

母親やお子さんと統一感を持たせられるようにすることを意識し、シワや汚れ、ほつれなどがないかどうかを事前にチェックすることも忘れないようにしましょう。

 

両親がきちんとしている印象は、プラスの材料になることはあってもマイナスに働くことはありません。そのためにも、小学校受験の際の服装選びはとても重要です。誠実さや清潔感、信頼性など、受験する小学校において求められる保護者像をイメージし、適切な服装選びを行うことも、東京や神奈川での小学校受験に臨む場合に大切なポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧