小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験で絵本を読むことは大切?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/03

神奈川・東京といった地域では、小学校受験をするご家庭も多くなっています。そのため、年齢が低いうちからどのように教育を進めていくか、考えておかなければなりません。そこで取り入れたい教育として、絵本を読むということが挙げられます。なぜ大切なのか、どんな効果があるのかなどについて知り、積極的に取り入れていくようにしましょう。

小さなうちから取り組むことができる

小学校受験となると、かなり年齢が低いうちから学習などを進めていく必要があります。しかし、小さなうちは勉強に向かわせるということが難しかったり、集中力が続かなかったりということが起こりがちです。大人の試験のように、まとめて学習をしてすぐに効果が出せるというものではなく、できるだけ長い期間、毎日の積み重ねが大切になってくるので、できることは限られます。

その中で、絵本を読むということは、本当に小さなうちから取り組むことができ、将来的には受験対策にもつながっていくことが期待できます。遊びの延長として、また、親子のコミュニケーションの時間として絵本を楽しみながら、物事の考え方や世の中のルール、言葉などについて身に付けていくことができるようになります。

神奈川・東京では、周囲の影響を受けて、当初予定していなかった小学校受験をしたいと後になって思うこともあるでしょう。本格的な受験準備をする前から、絵本などを通して教養を深めておけば、いざというとき慌てずにすむでしょう。

言葉の発達を促進してくれる効果が

絵本には、言葉とともに絵が描かれています。言葉だけでつづられた本はまだ読めない年齢のお子さんでも、絵を頼りに見ていくことができるという点が大きなポイントとなります。気に入ったお話などを毎日見ているうちに、そこに書かれた言葉についても覚えていける効果があるのです。

もちろん親子で読み聞かせを楽しむということは大切ですが、それ以外の時でも、自分で絵本を見て楽しむことができる点もポイントでしょう。常に親御さんが関わることができなくても、自ら学んでいける可能性があるツールなのです。

言葉は、小学校受験で重要になるものです。質問や指示が理解できなければ、どのような試験でも対応できなくなるでしょう。受験以外で、生きていくうえでも重要になってくるものといえます。言葉を多く理解できるようになるための道具として、いつでもお子さんが手に取れるところに絵本を用意しておくようにしたいものです。

積極的に読む時間を作るのがおすすめ

絵本はただ置いておくだけではなく、親御さんがしっかり関わって読んであげることで大きな効果を生みます。単調に読むのではなく、表情や抑揚をつけると、お子さんに楽しんでもらいやすくなるでしょう。ある程度大きくなってきたお子さんなら、好みなどもはっきりしてくるので、好きな傾向の絵本を中心に選んで購入してあげましょう。

絵本の内容について親子で話し合うということも、コミュニケーション能力を高めていく上で重要なポイントとなります。絵本の内容を超えた話し合いができるということもあるでしょう。人の話を聞いたり、自分の伝えたいことをまとめて話したりという経験が多くできているほど、あらゆる試験に対応しやすくなります。

神奈川・東京では小学校受験をする子どもが多いことを念頭に置いて、小さなうちからコミュニケーションの力を親子でしっかりと育む機会を意識的に作っていきたいものです。

 

小学校受験の難しさは、年齢が低いうちに行われるために、準備が遅いと十分に力を蓄えることができない点にあります。神奈川・東京で本格的な受験対策を始める前に、まずは絵本を通して言葉の力や教養、コミュニケーションの力などを身に付けて行けるようにしましょう。親子で楽しみながら取り組んでいくのがポイントです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧