小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の面接でよくある親への質問

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/12/08


お子さんの小学校受験の際は、学習面や生活面の親のサポートが大切ですが、それに加えて重要となってくるのが面接です。合否にも深く関わる面接を不安に思う方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、主に東京都、神奈川県などの首都圏の小学校受験の面接でよく聞かれる質問の内容と解答のポイントを紹介していきます。

小学校受験における面接の重要性

面接は、受験の中でとても重要な鍵となるものです。なぜなら、受験の合否に大きな影響を与えるからです。東京都や神奈川県を中心に、首都圏では親子ともに面接を受ける小学校が多くあります。お子さんの様子だけでなく、温かい家庭の雰囲気、親子の信頼関係が学校側に伝わるかどうか。これが合否の決め手となるといっても過言ではありません。

面接を成功させるためには、勉強やしつけだけでなく、常日頃から子どもにきちんと愛情を伝えられているかどうかが大切になります。受験合格だけを目的としたような飾り立てた雰囲気が出てしまっては、学校側が求めているものとかけ離れてしまうでしょう。面接は失敗に終わってしまいます。面接がきっかけで夫婦喧嘩をしたり、子どもが親からの愛情を信じられなくなってしまうようでは本末転倒です。

つまり面接は、親子の信頼関係が築けているか、しつけがなっているかどうかを判断した上で、教育方針や子どもの能力が学校に合っているか、志望理由、学校に対する意欲を確認するために行われるわけです。

また、東京都、神奈川県は首都圏の中でも私立小学校が多く、小学校受験をされる方も多いです。面接が理由で合格を掴めなかったということを防ぐためにも、きちんと練習を行いましょう。

保護者に対してよくある質問と解答例

志望理由を教えてください。ただ教育方針だけを理由にしてしまうと、数ある学校の中からなぜその学校を選んだのかを明確に伝えることができません。この質問は、入学したいという意思を伝える最大のチャンスです。学校案内だけでなく、説明会や行事に参加して感じた学校のよさや校風をまとめてその学校への理解の深さをアピールしましょう。

休日はどのように過ごしていますか。この質問では、円満な家族であるかどうかを判断されます。たとえば、父親が自分自身のことしか答えていないようでは、子どもへの関心や家族に対する思いやりを伝えることができません。子どもと一緒にキャッチボールをすることを楽しみにしております。できるだけ家族との時間を多くとれるようにしています。など、父親としての自覚が伝わるような解答をしましょう。

ご主人と意見が違ったとき、どうしますか。夫婦ともに協力して家庭を築いていることを伝えましょう。家庭のことは自分が責任を持って決めているという風に答えてしまうと、母親の自己主張が強い家庭だという印象を与えてしまいます。積極的に話し合うよう心がけています。というように、お互いの意見を尊重し合っているということを伝えましょう。

子どもに対してよくある質問と解答例

住所と電話番号を教えてください。ここでは万が一のことがあったときに対する両親の配慮を確認します。神奈川県横浜市中区日本大通1。12の3何々マンション101号室です。電話番号は00の0000の0000です。といったように正しい答え方をしましょう。

覚えられていない場合でも、東京駅のすぐ近くです。住所と電話番号はまだ覚えていません。というように、何を聞かれているのかをきちんと理解していることを伝えられると、答えられなくても学校側の受ける印象は大きく変わります。

好きな本は何ですか。子どもの語彙力、理解力を深めるための教育や読み聞かせなどをしているかといった家庭教育について問われる質問です。本の題名でもジャンルで答えてもよいですが、どんな場面が面白いのかの理由まで答えられるとなおよいでしょう。

あなたが1番行きたい小学校はどこでしょうか。私立や国立の小学校受験をする場合のほとんどが複数校を受験するため、このような質問をされる場合があります。度肝をつかれますが、子どもに素直に答えてもらいましょう。

 

面接の重要性と答え方のイメージはわかりましたか。面接を通して学校は何を知りたいのかを考えて面接に備えましょう。しかし、1番大切なのは親子の信頼関係と温かい家庭環境です。普段からコミュニケーションをとり、愛情を伝えた上で、きちんとした教育ができていれば、心配せずに自信を持って面接に挑みましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧