小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験のために準備すること

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/12/08


小学校受験は学力テストだけではなく、子どもの行動観察や両親と一緒に受ける面接など、学校によって異なりますが家族でさまざまな準備が必要になります。そのため、試験内容までしっかり把握しておく必要があります。東京と比べても私立小学校の多い神奈川県は、さまざまな特色の小学校があり、正しい情報を入手することも大切です。

小学校受験においての小学校の選び方

東京に比べて私立小学校の多い神奈川では、選択肢はたくさんあり、さまざまな学校の中から選べることが特徴です。受験する小学校選びは、評判や口コミなども大切ですが、子どもの個性にあった小学校を選ぶことが子どもの将来のためになります。

行かせたい小学校や受験させたい小学校が、必ずしも子どもに合っているとは限りません。学力テストで合格ラインに達していても、その他の試験で不合格になる場合もありますし、倍率が低い小学校でも、その子の家庭と小学校が合わなければ合格することは困難になってしまいます。

こちら側が小学校を選ぶのと同じように、学校側も求めている子に来てほしいと思っていて、とくに面接ではその子や両親がこの学校にふさわしいかを見ています。神奈川は受験できる小学校がたくさんありますが、いろいろな学校説明会や行事などに参加し、授業や校内を見学して、先生や生徒の様子を確かめ雰囲気を掴むことが大切です。

実際に最終的に受験する学校を決める際は、その学校の教育理念や校風または雰囲気などが一番重視されています。親はどうしても有名な学校や偏差値に注目しがちですが、知名度や周囲の情報に惑わされず、しっかりと自分の目で見て見極めましょう。

小学校受験対策を始める時期はいつ?

小学校受験の準備は、幼稚園の年少から準備する家庭もあれば、年長から本格的に準備を始める家庭などさまざまで、一概にいつからとはいえません。しかし、受験対策は細く長くがポイントで、日常生活の中で少しずつ準備することが大切です。

小学校受験対策の大まかな目安としては、年中の頃におおよその志望校を絞り、学校説明会などに行ってみたり、気になる学校の直近3年分くらいの過去問題なども確認しておくとよいでしょう。試験内容などを把握して、日常の生活に取り入れていくことがおすすめです。

年長になって5月から6月頃には学校説明会が始まり、早い学校では5月から願書の配布を行っています。7月から8月には願書用の写真撮影や健康診断をして、主な学校では9月から願書の配布や説明会を開始します。

埼玉や神奈川の学校では、願書の締め切りは9月の上旬から中旬で、東京や他の地域よりも早めに設定されているので注意が必要です。10月中旬から11月には、いよいよ試験が実施され、合格発表や入学手続きなどで忙しい時期となります。

幼児教室の選び方や通い始める時期

小学校受験を見据えて、たくさん準備することはありますが、情報を集めたり説明会に足を運ぶだけでは、小学校受験は乗り切れません。小学校受験をする多くの子どもは、受験対策に必要な知識を習得できる幼児教室に通っています。1歳にも満たない頃から、脳教育系の幼児教室に通わせる家庭もあれば、幼稚園入園のタイミングで受験対策の教室に通わせる家庭もあります。

また、受験期間の年長になってから通い始める場合もあり、通わせ始める時期もそれぞれです。家庭の状況や子どもの能力に合わせて、開始することが大切ですが、子どもの発達や区切りを考えて2歳になったタイミングや、幼稚園の進級のタイミングで通わせる傾向が多くあります。

小学校受験に対応した幼児教室も、東京に比べると神奈川は充実しており、選ぶ際には迷ってしまいます。評判の教室や人に勧められたところにとりあえず通わせる人はたくさんいますが、子どもに合っていればよいのですが、そうでない場合は能力や結果が出にくくなってしまいます。

幼児教室を選ぶポイントは、直近の合格実績やコース・レッスンの内容、先生の人柄や教育方針などをよく見極めることです。家庭や子どもの負担を考えて、受講費用や通塾時間をチェックすることも忘れないようにしましょう。

 

小学校受験は、長い期間で準備することもたくさんありとても大変ですが、非常に多感なこの時期に受験を体験することで、将来に大きな影響を与えます。家族が協力して乗り越え、より絆を深めるよい機会にもなります。よい教育環境や友達に囲まれ、充実した教育環境に子どもを通わせることができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧