小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験のために家庭内でできること

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/12/08


神奈川や東京をはじめ最近では当たり前になりつつある小学校受験。その競争率の高さゆえ、神奈川や東京にお住いの方の多くが受験の準備に塾に通わせなければならないと考えているのではないでしょうか。しかし、実際には家庭内でできることはたくさんあります。そこでここでは、小学校受験に向けて家庭内で直ぐにできる受験対策を紹介します。

ペーパー対策は自宅でコツコツ取り組む

ペーパー対策については、小学校受験用に一般的に販売されている問題集に取り組めば充分です。一方で、本屋さんに一度足を運んでみればわかる通りその選択肢が多いためどれを選んだらよいかわからず途方に暮れた経験をお持ちの方も多いかもしれません。

ただ、小学校受験のペーパー試験では基本的に総合力が問われます。そのため、一通りすべての単元に取り組むのが理想です。その際には年長の夏に過去に出題された入試問題の演習に取り組み始められるようにしておくのがベストです。

つまり、それまでに基本の勉強を終わらせることを目指しましょう。また、どのようなことに取り組んだらよいかわからない場合、塾の体験授業などを一度受ければ充分どんな問題を解いているかがわかります。それを参考にするのもよいでしょう。

なお、ペーパー対策にあたって何よりも重要なのは、毎日スケジュールを立ててその通りにコツコツと問題集に取り組むことができるかです。この部分さえ苦にならなければ家庭でも充分ペーパー対策は行えます。

運動試験や行動観察対策も日常生活を通して行う

小学校受験では運動試験が行われることが多いです。ただ、小学校受験に際して行われる運動試験とは基本的にその能力が高ければ高いほどよい、というものではありません。どちらかというと運動能力よりも指示に対して適切に動けているかどうかがポイントです。

そのため、基本となる動作さえ家の中でしっかりと練習しておきさえすれば考査対策はとくに塾などを活用せずともしっかり行えます。具体的にすべきこととしては、ボールつきやボール投げ、ゴム弾、けんけん飛び、八の字まわり、時計回り、反時計周り、片足立ちなどをやっておくべき動作です。

そのいずれも公園やちょっと広めの庭さえあれば簡単に練習できるものばかりです。親御さんと楽しみながら一緒に取り組みましょう。

加えて、行動観察が行われる場合もありますが、この試験は人との関わり方を見る部分なので人が多く集まるお正月や幼稚園の友達と日常的に遊ぶことで充分な練習になるといえます。お手伝いの分担や遊ぶルールを決めるなどしてもらいながらその対策を行いましょう。

面接対策は日常の積み重ねが大切

小学校受験に際しては、両親を含めた状況、あるいは子どもに対して面接が行われる場合が多いという特徴があります。詳細な内容は学校によって異なるため事前にしっかりと確認しておくことが重要ですが、どのようなスタイルかは別として面接はまず必須と考えておくべき存在です。

一方で、面接は日常の家族の雰囲気がそのまま伝わってしまう部分です。夫婦の関係や親子の関係はその日だけ取り繕っても、その道のプロである学校側の目をそう簡単には騙せません。そのため、日々の生活を丁寧に過ごし家族みんなで楽しんで過ごすことが何よりの面接対策につながります。

そのような観点からとらえると、小学校受験の面接対策は家庭における日常の積み重ね以外にできるものではないといっても過言ではありません。なお、親子面接の際にしりとりやじゃんけんをするよう課題が出される場合もあるので、日ごろから家庭でもさまざまな遊びを一緒に楽しんでおくことも大切な受験対策といえます。

 

神奈川や東京などの都心を中心に過熱化している小学校受験。その対策には塾がイメージされがちですが、家庭でもその対策は充分行えます。ぜひ神奈川や東京をはじめとした都心にお住まいの方をはじめとした小学校受験を検討している方は、その対策時に本記事を参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧