小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験のバッグ選びのポイントや注意点について解説!

公開日:2023/01/01  


お子さんの将来を考え、小学校受験を検討している家庭も多いでしょう。小学校受験では、お子さんだけでなく親の様子や服装もチェックされているのをご存じでしょうか。洋服はスーツワンピースが定番のスタイルですが、バッグはさまざまな種類があって悩みがちです。そこで本記事では、受験バック選びのポイントや注意点を解説します。

小学校受験のバッグ選びのポイント

お子さんの将来のために、小学校受験を検討している家庭もあるでしょう。ただ、小学校受験は、お子さんの学力や態度だけでなく、親の様子や服装もしっかりとチェックされています。服装といえばフォーマルなスーツワンピースが定番ですが、バッグは悩みがちなポイントの一つでしょう。

まず、お受験のときに用意するバッグは「メインバック」と「サブバッグ」の2種類を用意するのが基本です。受験当日は基本的に貴重品のみを持ち歩くので、ほかの荷物は控室に置いておかなければなりません。そこで大きいバッグが一つしかないと、面接でスマートに行動できなくなるでしょう。

そのため、貴重品などが入る小型のバッグをメインバックとし、A4サイズの書類が入る大きめのトートバッグをサブバッグとして用意するのが基本なのです。また、お受験バッグは黒か濃紺で、落ち着いた印象を与えられるものを選ぶとよいでしょう。

形状は床においても倒れない町がしっかりあるもので、装飾はほとんどなく、冠婚葬祭にも使えるシンプルなものを選ぶのがおすすめです。素材は本革や艶の少ない合皮、あるいは撥水加工のされている布製のものが定番です。いくつかのポイントを押さえて、お受験にふさわしいバッグを選ぶようにしましょう。

お受験用のバッグを選ぶ際の注意点

お受験は子どもが主役ですが、親もしっかりとチェックされています。人の印象は数秒で決まるとされているので、お受験にふさわしくないバッグを持っているだけで悪い印象を与えかねません。そのため、派手な装飾がされていたり、ブランドのロゴが大きく目立ったりするようなバッグは控えた方がよいでしょう。パーティー仕様のオシャレで華やかなバッグは、お受験には不向きといえます。

また、肩紐のあるタイプのバッグも、カジュアルな印象を与えるので、肩紐のないタイプや取り外しできるものを選ぶのがおすすめです。なお、お受験用にバッグを購入する場合でも、受験当日まで未使用のまま置いておくのではなく、何度か持ち歩いたり、荷物を入れたりして使い勝手を確認しておきましょう。使い慣れたバッグであれば、受験当日もスムーズな対応ができます。

お受験用のバッグと一緒に用意するべきもの

受験当日に忘れ物がないよう、しっかりと準備を進めておきましょう。まず、受験票や願書、筆記用具などはもちろん、当日配布される書類に記入したり、提出したりする可能性もあるので、書類ケースやクリアファイル、クリップボードなどを準備しておきます。さらに、面接会場では上履きに履き替えるので、スリッパも用意しておきましょう。スリッパもバックと同様、目立たないシンプルなデザインのものを選びます。

まとめ

小学校受験は子どもが主役ですが、親もしっかりとチェックされています。そのため、装いには気を抜かず、上品で洗練された印象を与えられるように工夫しましょう。お受験では、貴重品などを入れる小型のメインバック、書類などが入るA4サイズのサブバッグの二つを用意するのが基本です。色や素材、デザインなどもポイントがあるので、受験にふさわしいものを選ぶようにしましょう。きちんと準備したうえで受験に望めれば、お子さんの精神的負担の軽減にもつながる可能性があります。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事