小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の説明会は何月くらいが多い?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/13

東京都や神奈川県などでは、公立の小学校に通わせずに私立の小学校を受験させる親も少なくありません。何故わざわざ小学校を受験させるのか、その理由について解説します。また希望校に合格するためには、学校が開催する説明会に参加する必要があります。そこで、いつ頃開催されるのか、その時期について紹介します。

どうして親たちは小学校受験させるのか

東京都や神奈川県など都心部に住んでいる家族の中には、小学校受験を考えているところも少なくありません。しかし、小学校受験は早くから準備する必要があるため、子どもだけでなく親も大変かもしれません。しかし、それでも良好な学習環境を子どもに与えられるという目的で、小学校受験させる家庭は多いです。

小学校受験をクリアした子どもが集まるわけだから、公立小学校とは異なり学習レベルの開きは少ないです。学力水準が低い児童に合わせて授業をおこなう必要がないので、質の高い学習環境が確保できるというメリットがあります。

また、教育に力を入れている親のもとで育てられた児童たちが集まるので、価値観や家庭環境が似ている傾向があります。気の合う友達と出会いやすく、切磋琢磨して勉強に打ち込めるという利点も得られます。小学校受験すると学費がかかるので経済的な負担は大きいですが、子ども達にとってはそれ以上に得られるメリット大きいといえます。

気になる小学校の説明は積極的に聞こう

ところで、小学校受験を成功させるためには、早い段階から準備を進めることが肝心です。まずは情報収集からですが、早い段階から学校説明会に参加することはとても有意義なことです。それらに参加することで、学校の校風を知ることができ、さらに選考方法の具体的な内容もチェックすることが可能です。

そうすることで早い段階から、より適切な受験対策ができるので、合格できる可能性が広がります。また学校によっては、参加状況を合否の判断材料にしているケースがあるとされ、合格への熱意を示すために参加しておくと良いかもしれません。あらかじめ希望校が決まっている場合は、その学校の説明会に参加すれば良いですが、滑り止めなども考えている場合は複数の学校の説明会に参加しておく方が無難です。

他の学校の説明を聞くことによって、第一志望校との比較をすることができます。内容によっては、その学校に対して再評価できるかもしれません。その上で、受験する小学校を再検討しても良いでしょう。何故なら、大事な子どもを6年間も預けるので、学校選びは慎重におこなう必要があるからです。

新学年のスタートに合わせて多くなります

ところで小学校受験を検討している親にとって、学校説明会のピークはいつ頃かというのはとても気になるところです。日程の一覧については、小学校受験を専門としたポータルサイトなどでチェックすることは可能ですが、概ね新学年がスタートした4月から7月頃にかけて数多く開催される傾向です。

早いところでは4月中旬から開催し、土日の休日を利用して開催されることが多いです。また5月以降の説明会になると、多くの小学校では前年度の卒業生の進路状況が公開されるといわれています。

そこで合格校や合格人数などをチェックしておくと、6年後の中学受験に参考になります。夏休みを過ぎた9月以降になると、説明会の数はかなり減ってきますが、文化祭の開催時期におこなう学校もあります。このように学校説明会は受験シーズンよりもかなり前に開催されるので、早めに情報収集して準備しておくことが肝心です。

 

良質な学習環境を確保させるためには、高いお金を払ってでも私立の小学校に合格させたい親は多いです。しかし、希望の小学校に合格させるためには、早い段階から受験のための準備をおこなわなければなりません。特に学校説明会への参加は重要ですが、新学年がスタートした4月頃から始まります。

休日に開催されることが多いので、都合がつけば気になる小学校の説明はしっかり聞いた方が良いです。5月以降の説明会では、前年度の卒業生の進路実績が発表されることが多いので是非参加しておきたいです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧