小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

女の子の小学校受験をする時に知っておきたいこと

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/23

神奈川・東京で小学校受験のするための情報を集めていると、時々、「女の子の方が難しい」という噂を耳にすることがあります。一体、どういった点が難しいのでしょうか。実際に受験する際に、前もって準備することはたくさんあります。女の子の小学校受験をする前に知っておきたいことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

定員や倍率には男女差があります!

神奈川・東京エリアには、共学の他に女子校もあるので、学校を選択する際にゆとりがあるようにみえますが、実際はそうではありません。募集定員を見てみると、男女で差があることも少なくありません。募集人数の男女比が2:1など、女の子の方が圧倒的に少ない学校も存在します。

また、大学の附属小学校になると、早い段階から大学までの道筋が得やすいという理由から、やはり人気が高いので、倍率が高くなりがちです。人気ランキング上位の小学校ともなると、実質倍率が10倍~14倍まで跳ね上がります。神奈川・東京エリアの名門女子校であれば、さらに難関ともいわれています。

試験が難しかったり、細かい所作のチェックに気を抜けない部分もあったりと大変ですが、そこは名門女子校だからこそともいえます。もちろん、そんな学校だから通わせたいと思う親も多く、自然と倍率も上がります。募集人数が少ない傾向にあるうえに、全体の受験者数も多いことから、女の子の方が難しいといわれるのも納得できます。

受験当日にふさわしい服装とは?

ただでさえ女の子のファッションアイテムが迷うほどある中で、小学校受験するときにはどのような服装がふさわしいのでしょうか。やはり、好印象を与えられる清楚で上品な服装が望ましいです。具体的には、ワンピースやジャンパースカート+ボレロなどです。色はネイビーが主流となっていて、知的で落ち着いた印象を与えるので最適です。

他にも、チェックポイントがいくつかあり、立ったり座ったりを繰り返すことになるので、しわになりにくい素材であることも大切です。また、スカート丈は、膝が丸見えだと上品さに欠けてしまうし、反対に膝下だと座るときに邪魔になってもたつくこともあるので膝丈がベターです。

襟元やスカートに、刺繍やレース、ボタンなどが付いている場合は、派手でなくワンポイント程度が清楚な印象につながります。中に着るブラウスやソックスは、定番の白が断然おすすめです。シューズは自分できちんと脱ぎ履きできるので、ワンストラップのものがよいでしょう。

身だしなみを整えて印象よくしよう!

ファッション的なおしゃれが自分本位なのに比べて、身だしなみとは他者に与える印象だといえるでしょう。小学校受験に適した髪型は、ショートやボブなど短い場合はサイドにかかる髪をきちんと耳にかけましょう。下を向いたり、礼をする機会も多いので、その度に顔にかかる髪を手で払ったりしていては、あまり印象がよくありません。

ロングヘアの場合でも同じように、できるだけ左右対称を心掛け、編み込みや一つ結びなど、乱れにくい工夫も必要です。前髪も顔がしっかり見えるように切り揃えたり、おでこを出したりするのもおすすめです。髪飾りは華美でなく、服装に合ったものを選ぶとよいでしょう。

当日は、爪も短く切って、清潔感ある手元にしておきます。爪が長いままだと勉強にも衛生面でもよい印象にはなりません。細かいところですが案外見落としやすいので、ぜひ注意してほしいポイントです。また、ティッシュやハンカチも忘れずに携帯し、必要な時にさっと取り出せるよう、ポケットに準備しておきましょう。

 

神奈川・東京で、女の子が小学校受験をするとき、事前に知っておきたいことは、共学と女子校の両方を受験できるものの、定員や倍率に男女差があることも少なくないということです。事前にリサーチしておくのがおすすめです。また、試験官や面接官が筆記試験だけでなく、服装や身だしなみまで見ていることはいうまでもありません。より好印象を持ってもらうように、清潔感や上品さにまで配慮して、受験に臨みたいものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧