小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験には英語の試験もある?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/25

保育園または幼稚園の卒業後の進路は小学校入学ですが、その小学校入学において注目されているのが小学校受験です。小学校受験のメリットは、基本的にエスカレーター式の大学の付属高校なので成績が伴っていれば高校や大学受験を受けずに進学することができます。さらに効率関連なので、国からさまざまな補助が受けられるので費用面での負担が少なくなるのです。そんな小学校受験ですが、従来と違って試験内容が大幅に変わっています。

新しい科目として英語試験が導入されている

従来の小学校受験と現在との違いは、やはり英語科目が追加されたことです。科目内容は、中学生でおこなうのと同様に聞き取りで解答をするリスニングと筆記試験をおこないます。さらに最後の試験科目として、英語が堪能な日本人講師もしくは実際の外国人講師と一緒にやりとりをおこなって合否をとるのです。

幼少期から英語に慣れさせるのが目的

従来では中学生が開始地点からになりますが、ただ中高生にアンケートをとると英語は苦手科目の上位にランキングされているのです。その理由はこれまで外国語自体触れたことがなかった生活が、いきなり科目に入ることによって戸惑ってしまいます。

さらに外国人と話す機会があっても、多感な年頃である中学生では緊張して言葉に出ないということがよくあるのです。戸惑っている中で英語に親しむことができない環境下に長くいると、失敗の積み重ねが原因で英語自体を嫌いになってしまいます。

しかし現在において海外でも通用する人材の育成が重要視され、世界中で最も話されている言語の英語は必須技能になっています。もし苦手意識が嫌悪感にまで発展してしまうと、その後英語教育自体を拒否するような事態にもなってしまうのです。

そこで多感な中学生からではなく、好奇心旺盛で怖いもの知らずの小学生のうちから英語に慣れさせていきます。初めてのことに関してマイナスイメージがないことに加えて、耳と脳が発達途上なので本格的な英語の発音も聞き取りができるようになるのも簡単です。

さらに小学校のうちに外国人講師を呼んで学ぶことによって、本格的な発音だけでなく外国人自体に慣れさせることで外国で仕事をする機会があったときに戸惑うことがなく話すことができます。

小さいうちからレッスンすることが大事

高校生以降の社会で生活をするうえで重要なスキルのため、今後の教育がスムーズにいくように小学校受験に組み込まれたのが理由になります。ただ公立の小学校で学ぶ内容というのは、中学生で学ぶ内容であり、小学校低学年から話すスキルを利用する応用学習になるのです。

小学校受験では、筆記試験やリスニングもおこないますが基本は外国語が堪能な教師もしくは本格的な外国人講師を招いてやりとりをおこないます。そのため受験をするときには、この段階で単語の意味の理解や最低限話せる能力が合格に必須になるのです。そのため小学校受験を受ける場合、保育園及び幼稚園に通う時期になったら塾やレッスン場に通うことが先決です。

確かに独学という方法もありますが、どんな試験が出るのかわからないので対策が難しくなります。その点塾やレッスン場に通うことによって、幼少期に合わせて技能で学ぶことができれば親しみを覚えるので長期間の学習が可能です。そのうえで受験をするときに、これまでの科目から実施される試験内容を把握して楽しみながら受験勉強をします。

 

現在において海外でも通用する人材の育成が重要視され、世界中で最も話されている言語の英語は必須技能になっています。そのため小学校受験で科目に追加され、受験科目では保育園及び幼稚園のうちにどれだけ基本スキルが学べているのかを審査するのです。

そのため実際に受験をするのであれば、やはり保育園や幼稚園に通う段階で塾やレッスン場に通うか幼少教育の中にすでに組み込まれている施設に通わせるのが良いです。たとえ受験に失敗したとしても、この時に慣れ親しんでおけば十分に社会で生きていくうえで十分な能力を身に着けられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧