小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

親が共働きだと小学校受験は不利になる?

公開日:2019/04/15  

お子様に小学校受験して欲しいと考えていても、父親と母親の両方が働いているため、不利にならないか不安に感じる状況もあるでしょう。

確かに共働きをしている家庭は不利になる一面もありますが、それは工夫次第でカバーできることです。

実際に、共働きでも小学校受験をしっかりと成功させている家庭はたくさんあるので、負い目に感じずにお子様と一緒に頑張りましょう。

きちんと対策を講じて挑めば夢を叶えることができます。

 

昔は共働きが不利だった学校も存在していた

小学校受験をするときに、母親のほうは専業主婦であることを求められている時代もありました。

しかし男女平等が進んだ現代では、そのような考えを持っている小学校はほとんどないでしょう。

昔の噂が1人歩きしているだけで、実際にお子様を受験させた方の意見を聞けば、間違っているのがわかるはずです。

しかし、全国にいくつも小学校はあるため、一部ではそのような考えがまだ残っているかもしれません。

そのため、お子様の学校選びは慎重に行うようにしましょう。

せっかくお子様が努力をしたのに、よくわからない古い考えで、不合格にされたのではかわいそうです。

もしも、共働きが不利になるような学校の情報を集めたいのなら、小学校受験に対応する塾に通わせましょう。

そちらならば、受験に関するさまざまな情報を持っているので、共働きが不利になるかならないかの情報も持っています。

塾の方とじっくりと相談した上で、現在の環境が不利にならない小学校を見つけましょう。

 

共働きだと子供にかけられる時間が少ないのは事実

小学校受験は高校や大学とは違い、お子様だけではなく、親も努力をしなければいけません。

そのため、両方の親が働いている家庭は、片方だけ働いている家庭よりも受験に時間を使えないので、不利になることは事実です。

ただし、工夫をして時間を作り効率的に小学校受験を行えば、埋められない差ではないです。

親は面談時の受け答えや、当日の服装などに気をつければよいだけなので、お子様に比べればやるべきことは少ないです。

なお、面談や服装などの注意点も塾に通えば知ることができます。

小学校受験の対応塾は、純粋な学習塾というよりも、合格するためのコツを教えてくれるところだと考えたほうがよいです。

共働きだとしても、両親が揃って休める日はあるでしょうから、スケジュールを調整して合格するためのコツを塾まで聞きに行きましょう。

そして家族の息を合わせるのが大切なので、日頃から小学校受験についてのコミュニケーションを取るのを忘れてはいけません。

 

共働きをアピールする方法を知ろう

共働きは悪いことではないため、アピールの仕方次第では、面談時にプラスに作用します。

経済面に不安がないことも伝えられますし、それぞれの親が自立心の高い人間であることも伝えられます。

ただ、伝え方によっては、良くも悪くも思われてしまうため練習が必要になります。

もちろん、塾に通えば教えてもらえるので、共働きを強みにする方法を学びましょう。

 

共働きであることを小学校受験で不利にしたくないのなら、やはり専門の塾に通ったほうがよいです。

時間がなくても対策が行えるのがメリットなので、両親のどちらともが忙しくても、お子様の受験をきちんとサポートしてあげられるようになります。

お子様を塾に通わせるのなら、親の意見だけで決めるのはおすすめできません。

やはり、お子様には性格があるので、親の利便性だけで決めてしまうと、通うのが嫌になってしまうでしょう。

多くの塾には体験入学があるため、まずはそちらに参加をして、お子様の意見を聞くことが大切です。

通い続けたいといってくれたのなら、そちらに入会させるとよいです。

もしも駄目だったのならば、次のところを体験させて、よいところが見つかるまで付き合ってあげましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧