小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の教材の選び方とは?

東京や神奈川等の関東近郊では、受験が珍しいことではないといった空気もあります。小学校受験の場合、受け答えがしっかりできたり、お洋服をしっかりと着られたり、学校生活を送っていく上で問題ないかどうかをチェックされます。

受験が近づいて急に準備を始めるのでは遅く、ある程度早い段階で小学校受験を視野に入れる必要があります。

 

どのような学校に通いたいのかが肝心

小学校受験をされるお子様向けの教材は、本当に様々な種類のものがあります。受験といった同じ目標に向かうためのものですが、どれも同じということはなく、それぞれ特徴やメリットが少しずつ異なっています。

独学で挑むご家庭は少なく、多くの場合は小学校受験専門の予備校に通います。その予備校により使われる教材が異なり、予備校そのもののカラーが表れていたりします。

まずは、どの小学校を目指すのかを考えた上で、その学校に適した予備校の情報収集を行うことが大切でしょう。お友達同士で挑む方も多いそうですが、まわりに流されず自分達としっかり向き合って決定していく必要があります。

 

お子様の性格に合っていることが大切

小学校受験は、あくまでもお子様が受けるものです。子供達ひとりひとりにも個性があり、得意なことも苦手なことも違います。いかに個性を生かして受験に挑めるのかが勝負になってきます。

教材の合う合わないももちろんあるでしょうから、お子様自身に試してもらうと良いでしょう。自分の気づきを大切にしているものや、規則的な説明に分かりやすい図をつかって、想像力を働かせるものがあります。口コミだけに頼らずに、実際に肌で感じて選ぶことが大切です。

慎重派のお子様には、正統派の教材が合いますし、好奇心旺盛なお子様であれば、少し遊び心のあるような教材がピッタリではないでしょうか。お子様の伸びが著しい場合は、教材が合っているといったことでしょう。

 

親も一緒に勉強をしていくもの

小学校受験ということは、お子様はまだまだ小さいです。決して自分だけの判断で人生を決定できるような年齢ではありません。そのため、ある意味親が子供以上に勉強をして支えていく必要があります。

子供ならではの感性をくすぐるような問題が出題されることも多く、考えが硬くなってしまう大人にも大変難しいと感じる瞬間もあるようです。教材を見て、親が子供にアドバイスしていけるかどうかも、大切な決定理由になるのではないでしょうか。

子供から質問された場合に、しっかりと答えを伝えて理解させてあげることが、何よりも大切なことです。

 

私立の小学校に通うことは、特別なことではありません。しかし、効率の小学校ではない受験という、厳しい関門をクリアしていく必要があります。テレビなどのイメージで優雅に見えることもあるかもしれませんが、実際には子供と親の二人三脚の努力で掴むものです。

小さいうちから、適度な緊張感を感じ、挑戦するといった経験は、その後の人生において大きな財産となることは間違いないでしょう。又、同じように関門をクリアしてきたお友達と関わっていけることも、大きな影響や良い刺激をもらえるでしょう。

どんなに小さくても、そういった記憶は大人になっても残っていたりします。こういった生活を手に入れるためにも、まず第一歩となる予備校と教材選びをじっくりと行う必要があります。大きな経験と共に、自分自身と向き合う良いきっかけになると思って、諦めないことが大切ではないでしょうか。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
第2位 伸芽会
第3位 こぐま会
記事一覧