小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に向けた家庭学習習慣のつけさせ方

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/03/08


保護者は自分の子どもに、少しでもよい教育を受けさせたいと思うものです。小学校受験をチャレンジさせたいと考える保護者は、比較的教育熱心だといえるでしょう。小学校受験に向けて、どのような学習習慣を子どもにつけさせる必要があるのでしょうか。子どもの教育は、生まれた時から始まっていることを念頭に置くことが重要なのです。

質問することで思考力を刺激する

子どもに何かを教えることは簡単ではありません。難しい言葉では意味が伝わらず、語彙が少ないからです。たとえば、「空はなぜ青いのか?」と聞かれた場合、わかりやすく答えることが大事です。すぐに答えが聞けない場合は、子どもの興味はすぐに他に移ってしまうでしょう。

自分から質問する子どもは好奇心が旺盛ですが、そうでない子どもの場合は保護者から質問をする必要があります。「なぜ?」という質問を繰り返し行うことで、子どもの思考力は刺激され考えるようになるでしょう。もちろん、質問した保護者は正しい答えを知っている必要がありますが、子どもが答えられない場合の対応も考える必要があるでしょう。

保護者から質問することは時間がかかり大変ですが、家庭学習は小学校受験でも役に立つので、小さい時から始めるように心がけてください。難しい質問は必要なく、毎日の生活の中で質問することを習慣にするだけでよいのです。何より楽しく会話することが必要でしょう。

正しい言葉遣いと漢字を覚えることが大事

赤ちゃん言葉というものがありますが、幼児にも大人と同じ言葉を使うことが重要です。幼児は話すことができなくても聞くことで多くのことを学んでいるため、大人がどのように話しかけるかは重要なポイントでしょう。正しい言葉で話しかけることで、子どもは自然と言葉遣いを吸収しています。

また、小学校に入る前から漢字を覚えさせることができるでしょう。たとえば、薔薇という漢字ですが、書くのは難しいですが読み方を覚えることはできます。子どもの記憶力は大人の想像力を超えるため、その可能性を伸ばすことが重要なのです。

東京や神奈川などは私立小学校が多いので、小学校受験を考える保護者が多いといわれています。しかし、重要なのは学校に入ることではなく、入ってからどのように学力を伸ばしていくかでしょう。受験前に家庭学習で正しい言葉遣いを覚えたり、漢字の読み方を覚えたりすることで、受験に合格した後も学力を高めていける基礎を作りましょう。

子どもの集中力は短いことを理解する

東京や神奈川の私立小学校に入学させたいと考えている場合は、子どもの集中力を高めることが重要です。とくに小さな子どもは集中力が短いので、家庭学習は大切だといえます。保護者が読書家の子どもは自然と本が好きになるといわれていますが、小さい時から本に親しむように手本を示すとよいでしょう。幼い時は絵本を読みきかせることができ、少し大きくなったら自分で読むように促すことができそうです。

東京や神奈川のエリアはとくに競争が激しいですから、家庭学習の差が子どもの学習能力に影響するといわれています。子どもの集中力は短いですが、大人の想像を超えるほどの能力を発揮することがあるのです。幼い時から子どもの能力を伸ばすために、たくさん本を読んで読書家になるように促すとよいかもしれません。

 

東京や神奈川の私立小学校に受験することを考えている場合は、生まれた時から準備をスタートさせましょう。重要なのは保護者の意識と手本であり、毎日習慣化して家庭学習させていれば、子どもは自然と吸収していくと期待できます。そのように工夫するだけでも、小学校に合格させることは難しい話ではありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧