小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験の準備はいつからするべき?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/10

神奈川・東京で小学校受験をしようと検討しているのであれば、しっかりと準備をすることが大切です。しかしいつから準備をはじめたらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

今回は小学校受験の準備はいつからはじめるのが最適なのかについて解説します。

幼稚園の年少から準備をはじめるのが最適

小学校受験の準備をおこなうのはいつからが最適かというと、だいたい幼稚園の年少から始めるのが最適です。多くの小学校では秋ごろに試験をおこないます。

また小学校受験は運動や工作、行動観察など学力以外のことを測ることが多いという特徴があります。そのようなことから対策は年長になってからと考えている家庭も多いのではないでしょうか。

確かに小学校受験は学力以外のことでも合格不合格を判断する要素が高いですが、子どもには個人差があるので出遅れてしまうと後悔してしまう恐れがあります。お絵描きや工作などは家庭でも取り組みやすいので、年少の頃から積極的に取り組むようにしましょう。

お絵描きや工作などが苦手な子どもであれば、絵画教室などの習い事を活用するのも有効です。また兄弟がいない場合や人見知りが激しい子は、協調性を育むために一足早く受験対策の塾に通うのもいいでしょう。

小学校受験専門の塾では、家庭では取り組むことが難しい他の子どもとの関わり方や指示行動の受け方について学ぶことができるからです。

年少クラスから受験専門の塾に通うメリットとは

年少クラスから受験専門の塾に通うのは、最新の受験情報を手に入れられるというメリットもあります。年少クラスから通って最新の受験情報を確認しつつ学校選びをおこなうのも有効です。

また共働きの家庭もなるべく早めに塾を利用するのがおすすめです。共働きの家庭はどうしても子どもと接する時間が少なくなってしまうので、家庭で受験対策を十分におこなうのが難しいといえます。

その不足している分を埋めるためにも早くから塾に通うのがポイントになります。他にも早生まれの子どもも早めに準備をしておくことが大切です。ペーパーテストなどは一度覚えてしまえば比較的スムーズに取り組むことができるので、早生まれであっても特に問題はありませんが、集中力は月齢によってバラつきがあるケースが多いです。

集中力はドリルなどを取り組む際に親がしっかりと子どもを見て注意すれば家庭でも対策することができますが、不安を感じるのであれば年少クラスから入塾してプロにしっかり指導してもらうことが得策であるといえます。

家庭でもできる小学校受験の準備とは

とりあえず家庭で小学校受験の準備をしたいと考えているなら、遊びの中で対策するのがポイントになります。

例えば絵本の読み聞かせを毎晩おこなっている家庭が多いのではないでしょうか。その読み聞かせの絵本を昔話にすることによって受験対策につながります。昔話の内容は小学校受験で多く出題されているからです。

他にも自然と触れ合えるような公園に行って自然観察をおこなうのもおすすめです。季節の花や葉の形、種や虫などのことを出題されることが多いので、子どもが興味を示すように積極的に公園に行きましょう。テキストの絵や写真で見るだけでなく実物を見たほうが記憶に残ることが多いからです。

季節の行事をきちんと体験させてあげることも大切です。お正月のしめ縄や門松などはよく出題されます。料理をするときも野菜の切り口などを見せてあげることが対策になります。

 

このように小学校受験の対策は、幼稚園の年少頃からはじめるのが有効です。年長になってから準備をはじめることもできますが子どもにも個人差があるので、後悔しないように早めに対策をしておくことがポイントになります。

また年少クラスから塾に通うのはさまざまなメリットがあります。特に共働きの家庭や早生まれの子どもは、年少クラスから通うことを検討してみるのがいいでしょう。小学校受験の準備は家庭でもおこなうことができます。絵本の読み聞かせに昔話を取り入れたり、公園で自然観察をしたりすることも対策につながります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧