小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験は情報収集が重要

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/18


東京や神奈川には、受験が必要な小学校が多く存在します。小学校受験をする場合、塾や幼児教室にいって対策をする家庭が多いです。小学校受験をさせるというと詰め込み教育が想起されますが、学校の中には学力よりも人格形成に力を入れたいという学校も少なくありません。各々の学校の情報を得る上でも塾や幼児教室に行くことは有益です。

学校の先生ですら幼児教室に行っていること前提で話してくる

私立小学校や国立の附属小学校を受験する場合、情報収集のために塾に行くのはもはや当たり前です。むしろ学校の先生も「受験しているから、幼児教室に通っているだろう」というつもりで受験の際には話を進めてきますし、幼児教室には行っていないというと非常識と思われてしまう可能性もあります。

受験の際に学校の先生はお子さんのどのようなところを見ているのかというと、きちんと授業中座っていられるお子さんかどうか、先生のいうことをきちんと理解できるかどうか、クラスメートの子たちと仲よくできるかどうかというのを見ています。

もちろん有名私立大学や国公立大学附属の小学校ともなると学力面もみてくるでしょうし、現に国公立大学附属は大学生の教育実習先にもなるため学力がないと困るわけなのですが、偏差値の高い小学校の併願先にされる小学校ですらそのような視点でお子さんを見ています。

ちなみに小学校受験のときは、お子さんだけでなく保護者も見られているのはいうまでもないでしょう。お子さんのお行儀がよく、合格ができても保護者である親御さんの態度が悪いと不合格になります。

幼児教室に行かなければわからない情報が多い

中には最初は公立小学校に行かせるつもりだったが、定員割れしていた小学校を受験したら受かったというケースもあります。少子化だと学校側も少しでもお子さんを入れたいという思いはあります。

もちろんどんなに定員割れをしても誰でもいいわけでなく、学校の指導と相性のいいお子さんを選んでいるので小学校受験をする際には、情報収集も兼ねて幼児教室に通わせておくのに越したことはありませんし、幼児教室には受験に必要な情報が多く揃っています。

お子さんに高い学力を求めてくる学校もあれば、宗教教育に熱心な学校だと宗教教育を通してお子さんの人格を形成していこうとしていきます。公立小学校に比べたら数は少ないとはいえ、東京神奈川には個性的な小学校がたくさんあります。

しかし実際に私立小学校や国公立大学附属の学校で働いてみるなどしない限り、外部からはどうなっているかなどわかりませんし、実際に私立小学校で働いてみたとしてもよその学校がどうなっているかはわからないほど各々の学校の情報は学校のホームページ以上には出てこないのです。

だからこそ受験の傾向と対策を行っている幼児教室にはいろんな情報があります。何十年も続いている幼児教室であるほど、各小学校の受験データの蓄積もあります。

塾や幼児教室に行ってどんなことをしてくるのか

名門小学校に受かるようにお子さんの学力を養うというのもありますが、お子さんの発達に合わせてカリキュラムを組んでくれるところもあります。小学校受験のことを「お受験」と世間ではいわれ、「お受験」は詰め込み教育という印象もあります。

そのような場所も存在するかもしれませんが、受験をさせるすべての小学校が学力重視でないのと同様に、幼児教室や塾も勉強一辺倒というところばかりではありません。多くの幼児教室や塾は受験対策として面接対策もしてくれます。

先にも書きましたが、お子さんだけでなく保護者の態度も学校側は面接で見ています。お子さんはよくても、保護者に問題があれば不合格になります。幼児教室に通わせることはお子さんが受験に合格するためだけでなく、保護者の受験対策でもあり、またご家庭でお子さんを6年間預けてもいい学校を探すためでもあります。

東京や神奈川県には他の地域ではなかなかないほど私立小学校や国公立附属小学校が多い地域ですので、幼児教室や塾も学校の数に応じてあります。情報収集をしつつもお子さんの個性に合わせて教室や塾も選ぶといいでしょう。

 

お子さんの将来を思えば公立ではなく私立や国公立附属小学校に入れたい、東京や神奈川など都会の学校に通わせたいという思いはあるでしょう。幼少期は学力よりも人格形成を大切にしたいという小学校がたくさんあります。そのような情報を得るためにも幼児教室や塾に通い、お子さんにどのような学校が最適なのかを見極めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧