小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に英語力は必要?英会話ができたほうが有利になる?

公開日:2023/09/01  


最近では英語が話せるほうがよいと言われることが多いのではないでしょうか。公立小学校に英語教育が導入されていますが、私立小学校では従来、英語教育に力を入れている学校も多くあります。小学校受験には英語が必要かと考える方もいるでしょう。今回は小学校受験に英語力があればいいのか、英語を学ぶメリットなどについて解説します。

小学校受験に英語力は必要なのか?

結論からいうと、小学校受験に英語は必要ありません。試験に英語の問題が出ることはないでしょう。しかし、一部の学校で英語での面接やスピーチといった課題が出されているところもあります。英語教育に力を入れている学校やインターナショナルスクールなどです。

学校生活のすべてにおいて英語を使い、授業の一部も英語という学校を選ぶならば、英語を理解していないと、入学してからコミュニケーションがとれず、授業についていけません。英語を早くから学び対策をとる必要があります。

また、インターナショナルスクールを受験する場合、親の英語面接もあります。どちらかがわかればよいのではなく、両親とも英語で質問を受ける可能性もあるため、子どもと両親の英語対策も重要です。いまのところ、一般的に英語での受験はありませんが、小学校の英語教育化に動きがあるため、小学校受験にも英語が必要になる可能性があるかもしれません。

子どもに英語を学ばせるメリット

小学校受験に英語の試験はありませんが、入学した1年生から英語の授業は始まります。入学前から英語を学んでいる子どもと学んでいない子どもでは、明らかに差が出てしまうでしょう。また、早くから英語を学ぶことでメリットもあります。

まず、英語への抵抗感や恥ずかしさを持たなくなります。音の聞き分けや発音のよさも早くから学ぶメリットと言えます。小学校の授業に必要とされるのは英会話です。子どもは幼いほど音の聞き分けができ、発音も流ちょうにできるでしょう。

さらに、考え方に柔軟性がある、思いやりがあるなど、小学校受験に対して効果をもたらすことも期待できます。小学校受験に英語はありませんが、入学してから後れをとらないためにも、早くから学んでおくほうがメリットと言えます。

小学校受験と英語の習いごとは両立できる?

受験のための習い事は英語以外にもあるのではないでしょうか。受験のために、習い事をいくつもしている子どもも多いでしょう。毎日の習い事に英語までとなれば、子どもによっては疲れがでて、精神的に参ってしまうという場合もあります。

あまり詰め込み過ぎず、休息をとることも必要です。親が子どもの異変に気付くように注意することで、習い事のバランスをとっていくことも大切です。受験の習い事と英語の両立は可能ですが、受験の年である年長になったら、受験だけに集中できるようにしましょう。

ほかの習い事を一時中断や回数を減らすなどの対策をとらないと、試験に集中できなくなります。家庭の事情や子どもの状態にもよりますが、小学校受験に合わせて専念した方が、子どもの負担を減らすことも可能です。

まとめ

小学校受験に英語力は必要かということについて解説しました。小学校の受験で英語の試験はありません。しかし、インターナショナルスクールなどを受験する場合、子ども同様、両親も英語での面接があります。子どもと一緒に英語対策が必要です。入学後すぐに英語教育は始まります。授業についていくためにも、早めに学んでおいたほうがよいでしょう。

幼いうちから始めることで、英語への抵抗感がなくなり、音の聞き分けできるため流ちょうな発音になります。小学校受験も英語教育も大切ですが、子どもが疲れないように親は注意することが必要です。受験も大事ですが、子どもも大事です。この記事を参考に英語を習うかどうか検討して下さい。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事