小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

男女で小学校受験の勉強法が違う?

今後の学校生活を考えて、我が子に小学校受験をさせようと考える保護者の方は少なからずいらっしゃいます。

ただ勉強をしたり、受験のスキルを身につければ合格を手に入れることができるとは限らず、実際には男女の違いをよく理解して勉強しなければなりません。

 

子供時代にわかる男女の成長の差

実際に幼稚園だけでなく小学校・中学校くらいまでは、男女の成長の様子を見てみると、平均すると女子のほうが精神的には大人な子が多いようです。

つまり、男子に比べると女子のほうがしっかりしている子が多い傾向にあるので、同学年でも同じことができるとは限りません。もちろん小学校受験の際は月齢の考慮があるので、早生まれの子と遅生まれの子は同じ水準であることを求められているわけではないのです。

「個性に着目して対応する必要がある」ということは言われますが、実は個性だけでなく「性別・性差」にも目を向けて対応してあげることが大切です。

 

男女で違っている受験に向けた勉強方法

勉強自体はその子にあっている方法をおこなうことによって、もっとも能力がスムーズにアップしていくことが期待できます。ただ、それだけでなく実は男女の別でも勉強方法を変えてみることが良いと言われることが多々あるのをご存知ですか。

幼い頃は特に、男子よりも女子のほうが精神的に成長しているので、できることも女子のほうが多くなっている傾向です。もちろん男子でもよくできる子もいるので、全てのお子さんに対してこのことが当てはまるというわけではありません。

ただ、一般的にこのような傾向になっていると言われており、実際にテストをおこなってもたしかに性差が影響していると考えざるを得ないケースも多々存在しています。そのことから考えると、小学受験をする際、どの子にも同じように対応するのではなく、まずは性差を考慮した対応をすることが必要となってくると言って良いでしょう。

 

性差を考慮した効果的な勉強方法

精神的に幼いと言われる男子ですが、その性質をうまく利用すれば受験勉強においてプラスに働くことも多々あります。そもそも男子は結構周りの子と比べて勝った、負けたを気にするタイプが多く、点数だけを気にするという子も少なくありません。

また男子自身は自分の得意なものばかりおこなう傾向があり、放置しておくと好きな教科しか勉強しないということもあり得ます。だから、まずは周りの子と少し比べさせること、そして好きな教科だけにならないように周りの大人が管理してあげるというのも一つの方法です。

また30分勉強したらゲームなど、その子が魅力を感じるご褒美を目の前に出しておくというのも良いでしょう。反対に女子は自分で自分のことを管理できる子も多くいるので、まずは子供に任せ、できたら褒めてあげるというスタンスを取ります。できないところを指摘しすぎるのではなく、まずはできたところを認めるというのも、女子の勉強方法としておすすめです。

ただ、一般的にはこのように小学校受験においても男女の差がありますが、全ての子がこれに当てはまるというわけではありません。したがって、周りの大人は一般的には男女の差がありますが、その傾向に当てはまらないお子さんもいるということを理解しておくことが必要です。

 

子供の間は男女でかなり成長が違っており、特に精神面での成長の差は顕著な場合が少なくありません。

そのため、小学校受験の勉強方法も、男子はある程度大人が管理し、ご褒美を用意してやる気を出させるようにします。反対に女子は自分で管理させ、さらに褒める対応をしてやる気を出させるようにするのが勉強法の基本だといえます。

ただそれ以外にもその子自身の個性があるので、全てのお子さんに男子、女子それぞれの勉強法が適しているというわけではありません。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
第2位 伸芽会
第3位 こぐま会
記事一覧