小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験に取り組む子供にかかるストレス

小学校受験をさせたくて、その対策に取り組んでいる方に気を付けて欲しいことがあります。

小学校前というとまだ小さいですので、子供には相当なストレスがかかります。

受からせるために、無意識に子供にプレッシャーを与えていることが多いので接し方には注意が必要です。

そこで、小学校受験をするにあたりどの程度負荷が掛かるのかと、その対策をまとめてみました。

 

小学校受験を取り組むときのストレスの原因とは?

小学校受験に取り組ませてみても上手く取り組むことができない、言うことを聞いてくれないというケースがあり、その原因の大半はストレスです。

まだまだ幼稚園児や保育園児というと遊びたい盛りの年齢のこともあり、勉強をしたくない子がほとんどです。

なぜ受験をしなければいけないのかも理解していません。

それなのに遊びたい子供に勉強をさせるとなると、相当な心の負荷が掛かります

試験日が近づいてくると親も焦りが生じてしまい子供にきつく当たることや、勉強しなさいと強く言うことが増えてきます。

親が不安定な気持ちだと子供もその気持ちが伝わってしまうので、親の顔色を見ながら勉強をすることになり更に心に負荷が掛かります。

この状態は受験をする上でも良くなく、嫌なのに無理に勉強をさせても内容がきちんと身に付きません。

ストレスがあるということは親も子も嫌な思いをする上に、受験でも失敗する確率が高くなってしまいます。

なので、なるべく心に負荷を掛けないように接することが小学校受験を合格する上で大事なポイントとなってきます。

 

ストレスを与えないように対策しよう

では、ストレスを与えないようにするにはどう心がけたらいいのかというと、無理に親の要望を押し付けないようにすることが大事です。

勉強をしたくない子に「なんで勉強してくれないの?」「早くしなさい」などと問い詰めることにより、余計に心に負荷が掛かってしまいます。

まずは、勉強したくない原因を一度考えてみましょう。

例えば、遊びの時間をしっかり確保しているかも重要になります。

もちろん小学校受験を合格するためには学習しなくてはいけませんが、全く遊ぶ時間がないとやる気がなくなります。

これだけ終わったらこの時間までは遊んで良いなど、メリハリを付ければ子供も学習に向かいやすくなるでしょう。

小学校受験対策のために塾に行っている場合は、塾の先生とも相談してどれだけの勉強量をさせるのが適切であるのかを話し合うことも大切です。

受験対策を始める前には、1日の生活リズムを決めることも大切になります。

1日の生活リズムをきちんと決めることによって、ストレスを掛けることなく受験対策をさせることが出来ます。

 

親もストレスを溜めないようにしましょう

親がイライラしていたり不安にしているとそれは子供に伝わります。

ストレスが溜まるのは合格させたいという気持ちがあるので仕方がありませんが、できるだけ溜めないように、溜まっても発散するように気を付けましょう。

親のイライラは子供にプレッシャーなり学習する上で効率が良くありません。

その対策としては好きなものを食べるとか、好きなことをするなどしてストレスをなくして下さい。

親がニコニコしていたら子供も嬉しいですし学習もスムーズにできます。

親の機嫌の悪さを子供は敏感に感じ取ってしまいますし、怒られながら受験勉強を強いられていたら楽しく学ぶことはできません。

親のネガティブな気持ちを子供にぶつけてしまわないように、自分自身の息抜きを大切にしましょう

受験が近づくにつれてもし落ちたらどうしようと焦る気持ちはありますが、自分の子を信じてあげてください。

一人で解決しようとせずに困ったときは周りの人に相談することも大事です。

一人だと心細さもあり余計に不安になりますよね。

知り合いでも誰でもいいので不安に思っていることを話して見ると心の持ちようが変わります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
第2位 伸芽会
第3位 こぐま会
記事一覧