【神奈川・東京】小学校受験対策におすすめの塾を口コミ比較ランキングでご紹介!幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験をさせる目的とは?

少子化が進む現在でも、神奈川や東京といったエリアでは小学校受験に取り組む家庭が多くなっています。

それらの地域では有名私立小学校の受験に強い塾が数々揃っているのも特徴です。

では、そもそも小学校を受験させる目的は一体どこにあるのか、その点を探っていきましょう。

 

良好な学習環境を子供に与えられる

受験といえば高校受験や大学受験が一般的ですが、小学校受験にも根強い人気があります。

実際の目的は各家庭で違うはずですが、共通する部分として、学びに適した環境を子供に与えられるというのがあると思います。

例えば誰でも通える公立小学校なら、勉強の好きな子供や嫌いな子供など、色々な子供が集うのです。

それに対して受験校は試験や面接にパスする必要があるため、様々な条件をクリアし、選ばれた子供たちだけが集います。

ですので子供たちのレベルも一定水準以上で統一されており、勉強に対する姿勢も公立小学校のような開きがありません。

さらに公立小学校と違ってクラスメートは皆、大学進学を目指した内部試験、もしくは外部校の受験においては完全にライバル同士となります。

そのためお互いに刺激し合えることで、難関校の突破をも狙える学習環境となっている訳です。

公立小学校では望めませんので、この環境を得ることは、小学校受験の大きな目的と呼べるでしょう。

大学まで内部試験で進学できるエスカレーター式の私立校なら、勉強は不要といった感もありますが、必ずしもそうではありません。

成績で振り分けられる場合ですと、希望の学部へ入るには学力を高める必要があるのです。

もしも、進学したい学部が系列の大学になければ外部の大学を受験することになりますから、その際も小学校のうちから学力を上げられる環境は有利になります。

 

育ちの良い子供たちが集まるから安心

受験校は公立校より学費がかなり高額なため、親が一定水準以上の収入があり、教育に前向きな家庭の子供しか入学できない点も見逃せません。

教育を重んじる親に育てられていますから、授業を妨害したり、他人に迷惑を掛ける子供はいないといえるでしょう。

育ちの良い子供たちが集まる学校なら、子供の成長環境としても安心ですので、それも小学校受験の目的に挙げられるのではないでしょうか。

もちろん、価値観や家庭環境が似ていれば友達とも心が通いやすく、気の合う仲間を得やすいのも受験校の魅力です。

クラスの雰囲気が良好であれば勉強にも打ち込めますから、学力や知的好奇心が育まれ、それによって自分の将来を動かせるだけの選択肢も増えていきます。

 

教育に関するベクトルを揃えられる

小学校受験では算数力や思考力の問題だけでなく、四季の行事や公共マナー関連の問題が多いのもポイントです。

そのため受験に臨むことで、小学校に入る前から、マナーなどの教養も自然と身についたりします。

ひいては人間性を高める布石にもなるため、これも小学校を受験させる目的に数えられるかもしれません。

そして各校で掲げる教育方針に基づいて学べることも、小学校受験の目的といえるはずです。

私立校では教師も学校の方針を理解し、それを実践する人が採用されています。

つまり、家庭の教育方針と合致する学校を選べば、親と学校、ならびに教師が三位一体となって、同じベクトルで子供の教育に当たれるのです。

公立学校ではまず不可能なため、これも小学校を受験させる目的の1つに数えて良いと思います。

 

受験が必要な小学校には育ちの良い子供が集まるため、良好な学習環境が整っています。

そのため学力を思いっきり伸ばせますから、自分の将来を動かしていける選択肢も増やせるのです。

そのほか、親と学校と教師が同じベクトルで子供の教育に取り組めるなど、小学校を受験させる目的は多岐に渡ります。

サイト内検索
神奈川・東京の塾ランキング!
第1位 理英会
第2位 伸芽会
第3位 こぐま会