小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

小学校受験対策で塾に通う頻度は?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/12

レベルの高い小学校に行けば必ずしも将来有望というわけではありませんが、一般の小学校より可能性が広がることは確かです。

付属小学校では、提携している高校や大学へエスカレーター式に内部進学できる場合もあり、将来の受験戦争の回避にも役立ちます。

小学校受験に備えて、塾に通わせる家庭は年々増えていますが、どの程度の頻度で通わせるのか悩むのではないでしょうか。

 

塾に通わせる一般的な頻度について

小学校受験では大半の人が塾に通い学ばせるという選択をしています。

塾には他の子供もいて集団行動をすることになり、友達との関わり方も学ぶことができ、もちろん受験の傾向やコツも教えてもらえます。

週に二回程度のペースで通うことが一般的ですが、その他に習い事をしていない子供の場合には、塾の回数をもう少し増やすことも珍しくありません。

受験が近くなると対策を強化するために回数を増やすケースも多いです。

一回の授業は一時間半から二時間程度平日に行うとなっている塾が多いですが、中には土日や祝日に一日を通して塾でみんなで過ごし学ぶところもあります。

 

通い始める時期による違いについて

塾は一度や二度足を運んだだけでは意味がなく、継続して通い学んでいくことで、徐々に勉強を身につけていくことができます。

週に何回程度通えば良いのかは子供のレベルはもちろんいつから通わせ始めるのかによる違いも少なくはありません。

早い段階から通わせ学ばせているならば、少しずつでも確実に身につけていくことができているので、慌てて回数を増やす必要はありませんが、受験日が数ヶ月後に迫っているとなれば、ある程度週に塾に行く回数も増やさなくては受験に間に合わせることができません。

はやめに対策しておいたほうが親も子供も負担が少ないでしょう。

 

注意しておかなくてはならないポイント

たくさん通わせた方が学ぶ機会も増えるので、受験に有利になると考えてしまいがちですが、あまりに塾ばかりとなれば子供のストレスになってしまいかねません。

学ぶこと自体が嫌いになってしまったり、モチベーションが下がってしまい効率も低下する可能性も高いです。

ただ回数を増やせば身についていくわけではないということは、頭においておかなくてはなりません。

子供はまだ幼いので、受験する意味がいまいち理解できていなかったり、必要性を感じていなければなぜ遊ぶことを我慢してまで学ばなくてはならないのかと感じてしまいます。

子供のモチベーションを保つことができるようにするのも親の役目であり、塾に通わせるペースも子供の様子を見ながら決めるようにしましょう。

受験が近づいたことで、毎日のように通わなくてはならないとなれば、当然子供の負担も親の負担も大きくなるので通い始める前にしっかり計画を立て、子供とも話し合って決めることが大切です。

慣れさせるためにも最初は週に一回通わせ、慣れてきたら回数を徐々に増やしていくというのも一つの手段ではないでしょうか。

 

週に何回のペースで通わせれば、必ず小学校受験をクリアできるということはできず、多ければ良いというばかりでもありません。

子供のペースに合わせてモチベーションを下げないようにすることも大切です。

一般的には週に二回程度が多くなっており、最初は週に一回から始めて慣れてきたら回数を増やすことも一つの手段です。

通わせる先選びと同じくらい、通わせる頻度を決めることも重要なポイントということは間違いないのではないでしょうか。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
理英会の画像
第2位 伸芽会
伸芽会の画像
第3位 こぐま会
こぐま会の画像
記事一覧