小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

子供が小学校受験を嫌がる場合は?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/27

近年、受験が必要な小学校への入学を希望する家庭も少なくありません。しかし子供が突然小学校受験をしたくないと受験を嫌がる発言をするケースがあります。

さらに嫌な気持ちを言葉に表さなくとも、体調不良になったり、よくない生活態度になることもあります。こういったとき、どうすれば良いのかが課題になります。

 

受験することを嫌がる起因を分析する

まず子供がなぜ受験勉強をおこないたくないと打ち明けたのか、その起因を見極めることからスタートしましょう。ただし子供を問いただすのは厳禁といえます。ストレスを抱える本人に追及するのは止めなければいけません。

さらに追い詰める状態となりかねません。また、その前にどういった毎日を送っていたか考慮しましょう。たとえば、年中から年長へと進級したケースなどは、日々の生活のリズムが転じ、ストレスが貯まりやすいタイミングです。

幼児教室等の中身も難しくなって、ついていけないと考えているかもしれません。ですから小学校受験を嫌悪する要因について、親がしっかりと理解してあげることが大事になります。

 

受験を目指した学習を休むことも方法の一つ

学習すること自体をおこないたくないという気分から受験勉強にストレスを感じ取っているケースでは、ひとまず家の勉強を中止する方が良いでしょう。幼児教室へ通っている場合、教師に話して教室も休ませるべきか否かの指南を仰いだ方が望ましいと考えられます。

子供が勉強したくないと打ち明けたタイミングによっては、勉強しないことに気にする保護者もいるでしょうが、受験勉強は何も紙に向き合うことだけではないといえます。

一緒になって工作を満喫したり、外出先で体を動かしたり、子供自身が受験勉強と認識できないやり方によっても色々な勉強をすることができます。

 

なぜ受験するのかを一緒になって考えることが重要

子供が落ち着いてきたら「なぜ勉強するのか・何の目的で勉強をさせるのか」本当の想いを伝達しましょう。子供も親の考えは理解できるはずです。依然として幼いから言い伝えても理解できないというのは親の固定観念以外の何者でもありません。

仮に、伝達しても理解することができない能力しか持ち合わせていない子供であれば、元を正せばなぜ受験のための学習をしなければいけないのかという疑問点にぶつからないと言えます。

どうして勉強をしないといけないと考えるに至ったプロセスには、勉強しない友人があることが少なくありませんが、そのようにして他の人と自分自身を比べられる力のある子供であることは見過ごしてはならないところでしょう。

また、受験でどういうことを目的にしているかを一緒になって考えることも重要です。加えて志望している学校を一緒になっておこなってみるというのも、何を目標にして学習をしているのか明白にすることができることから役に立つでしょう。

仮に志望している学校が子供にふさわしい学校ならば、おそらく子供自身も学校へ通学したいから挑戦したいという想いを抱けるでしょう。

 

親が受験を希望しても子供が嫌がるケースがあります。

まずは、その原因をわかってあげることが大切です。仮に子供が受験を嫌がる原因が明白で、解消できるのであれば尽力することが重要だと言えます。

その要因が解消することができれば、子供も受験に対しもう一度やる気が持てるといえるでしょう。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
理英会の画像
第2位 伸芽会
伸芽会の画像
第3位 こぐま会
こぐま会の画像
記事一覧