小学校受験対策で口コミ・評判の良いおすすめの塾を比較ランキングでご紹介! 幼児教室からの乗り換え利用にも評判!

どんな塾がいい?小学校受験に対応している塾の選び方

公開日:2018/12/18  

小学校受験は大学受験や高校受験のように教科書や参考書の勉強をしていくわけではなく、親だけで対策をするのは難しい部分もあります。

だからこそノウハウをもった塾の力が必要です。

そこでどの塾に通えばよいのか、選び方について基準を見ていきましょう。

 

受験する小学校のレベルに合わせよう

小学校と言っても、私立校と国立校とでは教師の質や教育方針、学費などいろいろなところで違いますから、子供にどんな教育を受けさせたいのかによって目指す学校が変わってきます。

そして学校が変われば小学校受験の内容も変わってきますので、それに合わせて塾を選ばなければいけません。

たとえばペーパー試験を重視することもあれば、面接で子供だけでなく親の対応も見られることもあります。

しっかりとそれに備えた対策ができる塾でなければいけません。

国立の難関小学校を受験するためクラスを用意しているところでは、過去の問題だけでなく運動や面接の受け答えなども特訓していきますから、しっかりとそれぞれの塾の特徴を調べてみましょう。

より詳しく授業の内容を調べたい時には、見学あるいは体験を利用してみてください。

そのうえで、小学校受験をするうえで、最も子供の能力を引き上げてくれそうなところに任せてみるのです。

もし、体操など一部のカリキュラムが足りないようであれば、そこだけは体操クラブなど専門的な教室に通ってみるというのも一つのやり方です。

 

弱点をカバーしてくれる塾を探そう

小学校受験に対応した塾であれば、幅広い分野の勉強をしていきます。

でも、子供がそこに通えば、自動的に能力が向上するわけではありません。

ペーパー試験が苦手、運動が苦手、集団行動が苦手、というように不得意な分野も出てきます。

そこで塾の選び方としては、弱点があった時にちゃんとそこをカバーしてくれるかどうかを基準にするべきなのです。

授業では他の子供達と一緒になっているから、遅れてしまう部分があるとしても、そこを克服するために個別のレッスンが用意されているならばついていくことができずに脱落してしまう心配も少なくなります。

さらにその弱点について、受験直前に知らされるようなことはなく、逐一家庭に報告して質問があれば真摯に回答してくれるところであれば安心です。

そうすれば、塾だけでなく家庭でも弱点について補うことができます。

なお個別学習をするときには料金が別になってしまうかもしれませんので、費用を確認するときには、どこまでが基本料金に入っていて、どこからが別料金になるのかを調べておきましょう。

 

子供に合わせた塾の規模にしよう

小学校受験に対応した塾と言っても、幅広く経営している大手から個人経営のところまでいろいろとあります

どちらが良いのかというと、大手のほうが情報収集力に優れており、学ぶ内容もマニュアル化されており、どこの教室に通っても一定の質が保てます。

しかし、通う子供が多いので、ひとりひとりに目が行き届きにくい部分があり、また、費用負担も大きくなりがちです。

では個人経営ではどうかというと、通う塾によって質が変わってきますから、良い先生のいるところでなければ小学校受験に失敗してしまう可能性もあります。

そのかわりに、個別対応は大手よりもきめ細かくでき、マニュアルで決められた内容を教えるのでなく、柔軟な対応がしやすいです。

どちらが良いのかというのは、子供が小学校受験に対してどれだけやる気を持っているのか、集団行動が得意なのか、といった特性によって変わってきます。

もし、どちらが子供に合っているのかわからないというのであれば、まずは大手か個人経営の一方に通ってみて、相性が良いならば継続し、不満であれば塾を変更してみるとよいでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
小学校受験の塾ランキング!
第1位 理英会
理英会の画像
第2位 伸芽会
伸芽会の画像
第3位 こぐま会
こぐま会の画像
記事一覧